항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ う~ん・・・21話 復習

2015121422441881814_1.jpg

~ん。頭を整理してみたけど
20話がすばらしかったせいか、21話はちょっとう~んという出来でしたね。

そう思ってギャラリ覗いたら、失望感であふれてました(笑)

フュージョンが悪いと言ってないんですよね。
実話に基づいた史劇よりも、フュージョンにすることでさらに面白くすることが可能なのにです。

問題点はやはり、この歴史的大事件で庶民のブニが天才的な能力を発揮して
家族の危機を救うという。
ちょっとなんというかムリがあるなあと。

一方、天才知略者の鄭道伝は、「なんとかして救わねば!」「時間がない~」
のふたつぐらいしかセリフがないという(笑)
いやもう少しあったっけ?

ギャラリーで韓国ペンが
「鄭道伝はいったい何をしたのか?」とコメントあり
思わず笑ってしまいました。(^^ゞ

そうです。
鄭道伝は朝鮮建国の基礎を作ったんです。
バンソクの薬が残り少ないとかなんとか
そんな話しをさせてはなりませぬ・・・・(笑)

とりあえず明日に期待します。。。

リンクは下に・・・


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。