항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
六龍が飛ぶ 単語復習

#六龍が飛ぶ 単語復習する 20話

20_1.jpg
돈수백배(頓首百排)
頭が地面に接するぐらい、ひたすらひれふすこと

20_2.jpg
역격(逆擊)
反撃する

李成桂:秋に出兵を先延ばしにしてはいかがです?収穫が終わって兵の食糧が満たされるでしょう。

チェ・ヨン:今でなければならん!明の主力部隊15万が元朝を打つために出兵した今がまさにその時だ!

李成桂:軍用米は?遼東を占領をしても5万の大軍の補給がちゃんとできますでしょう?

チェ・ヨン:一度遼東を占領したら、食糧は現地で調達することもできる!

李成桂:梅雨時に兵の前進は難しいものであり、弓のにかわは溶けるでしょうし、伝染病が軍を襲うでしょう!

チェ・ヨン:それは明軍も同じではないか?

李成桂:彼らは、自分たちの拠点であり、私たちは遠征です!

ウ王:はいはい...お二人の言葉はよく聞きました。李将軍の話も一理があります。
しかし、明の不当な要求が極に達し民も怒っています。この時に皆が一斉に戦ったら
うんざりするような事大の輪を断ち切ることができないでしょうか?

ウ王:ですから、李将軍が私の意志に従ってください。

チェ・ヨン:李将軍!王様がおっしゃっているではないか!答えを言いなさい!

李成桂:王様...これはだめでございます!

ウ王:何?

李成桂:私、李成桂、王様にひれふしてあえて申し上げます。
何よりも小さな国が大きな国を逆撃するのは理に合わないことでございます。

チェ・ヨン:なんだと!


(いやいや、実際は5月に起きた事件だと聞いたけど、雪降ってるし、そこは冬の設定にするのかなあ
なんて思ってたら梅雨時期で・・・・って言ってるし・・・・ま、4月でも雪は降るしね・・・)


20_3.jpg
서경 (西京)
平壌

鄭夢周:将軍!都堂で議論もせずにどうゆうことですか!遼東征伐とは!戦争だと!

チェ・ヨン:すでに全国5道に徴兵令が下され、すぐに5万の兵士が西京に集結するであろう!

チョ・ミンス:このような国の大事を事前に秘密裏にする方法がどこにあるのですか!

チェ・ヨン:古今東西を問わず、ひそかに準備しない戦争がどこにあるのか?

イ・ドス:物資は?多くの戦争物資をどこから充当するのでしょうか?

チェ・ヨン:ホン・インバン、キル・テミから押収した家財を軍資金として使うであろう。

チョ・サンウォン:補給はどうするのです?遠い地で行われる戦争ではないですか?

ハン・グヨン:ええ、収穫まではしばらくかかるのに5万の大軍の兵糧をどう対処しますか?

チェ・ヨン:足りない兵糧は現地で調達することになるだろう。
速戦即決で遼東城を陥落し、急いで民心を収拾すればよい!

オ・ハクジュ:さらに5万ですって?この三韓の地の青年たちを全部かき集めて行ったら
畑は誰が耕して、倭寇は誰が防ぐのですか?

チェ・ヨン:王命が下ったのだ!臣下であるはずの者たちがなぜ!
すでに遼東征伐のすべての編制と準備が終わったのだ!
再び都堂でこの事を議論することはないだろう!


今日また学校で、20話を先生と復習しました^^
面白いわ~
特に、中高年=ベテランの役者さんたちの声が通るのよねえ・・・
チェ将軍を筆頭に・・・(笑)
迫力あるというか。
本当に面白いです!


2 Comments

このみ says...""
この問答を読んだら、二心のないチェ・ヨン将軍が絶対君主・強兵の信念だけで、返答する言葉がそれはそれで筋が通っている~~と妙に納得しました。
ミョン・ドジョンが私欲がない、信念だけがあるチェ・ヨン将軍がそれだけにやっかいだと考えたのがなるほど~です。
でも5万人、さらに5万人の若者の命をなんとも思えないーーー戦争に進む道というのはそういうものなのでしょうね・・・
2016.02.05 13:49 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
このみさん
ほんとに筋が一本びしーっと通っていて少しも折れることのない方ですね^^;;
役者さんも毎回120%の声量でお年もお年なので、途中で心配してしまうくらいの
ド迫力でした^^

チェ将軍は私利私欲がなく人望も厚いけれど、家柄もとてもよく権門勢力であるがために
国を替え、貴族の土地を没収して民に分配するという改革を共にすることは無理だと
鄭道伝は考えたんでしたね。
どこまでも王様に忠実な名将でした。

時代が違えば、もっと英雄として残れたかもしれないのに・・・
2016.02.06 13:25 | URL | #fyi.zixU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。