항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ 19話 復習 「遼東征伐って?」

20151207231604923devs.jpg

チェ・ヨン将軍が提案した「遼東征伐」とは?

7日放送されたSBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」で鄭道伝(キム・ミョンミン)とイ・バンウォン(ユ・アイン)はチェ将軍(チョン・グックァン)が元の商人に会ったことがなく、元の時代の高官と秘密の出会いを持ったことが後になって分かった。

チェ・ヨンとウ王(イ・ヒョンベ)がある席で李成桂(チョン・ホジン)に「既に元朝に意志を伝えた。高麗軍が鴨緑江を超えると」「遼東征伐しましょう」と言って李成桂を衝撃に陥れた。

チェ将軍が提案した遼東征伐は1388年高麗が明の対高麗 前進基地である遼東地方を攻撃することにより、明の圧力を排除しようとした事件。高麗末元朝の勢力が弱くなると恭愍王は鐵嶺衛を占領したが、1388年(ウ王14年)明がこの地域の所有権を主張した。

高麗朝廷は遼東征伐を置いて強大な新興勢力である明との外交妥協で問題を解決することを主張する主和派と明の過度の要求に反感を抱いて北元と一緒に遼東を打って明に思い知らせる実力行使をしようという主戦派に意見が分かれた。

高麗は、チェ・ヨンを中心に遼東征伐を断行したが、李成桂によって挫折した。以後遼東征伐はこれが威化島回軍につながって高麗を滅亡させる結果をもたらした。



リンクは下に・・・

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。