항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
六龍が飛ぶ 単語復習

#六龍が飛ぶ 単語復習する 17話

キル兄弟
龍ファンの皆さん、テミロス症候群がひどいようですね。

がしかし六龍はいよいよ第2幕。
「いよいよ幕が開きます~」
とホン・インバンオルシンが最後のご挨拶でおっしゃってました。

そうです!これから時代は「威化島回軍と権力掌握」(1388年旧暦6月)に向かいます。
詳しくは鄭道伝WIKI翻訳 記事へ
回軍
寒そう~(*_*)


では17話の単語復習です。

17_1.jpg
해동갑족(海東甲族)

統一新羅時代から続く由緒ある貴族家門

イ・インギョム:しかしホン・インバンは既にチョ・バンがクーデターを起こしたという証拠を持っています。また海東甲族の支持まで得ました。
鄭夢周:将軍!
チェ・ヨン:名分がない。我々がもし王様の教旨もなく、この国の執政大臣である彼らを兵で先に攻撃すれば、
我々が逆党になるのだ。またまもなくホン・インバンは、海東甲族の支持まで得るだろう!

17_2.jpg
지재상인
情報を売買する商人

キョンサン:なんでまた...時間がありません。
チョンニョン和尚:しかしだ...ホン・インバンが最初に李成桂を粉砕できなければ、大義は王命を持っている李成桂側に移り。戦いが長くなることはあるが、最終的にホン・インバンの敗北で終わるだろう。
キョンサン:それでは成桂将軍ですか?
ナム・チョン:しかし、李成桂将軍とチェ将軍が政権を掌握することになるとピグク寺は大変なことになります。私たちが今そっちを助けると言っても、彼らの戦績からみて、我々がやられるでしょう。私たちがホン侍中の仕事をずっと助けてきたことを知らない人がどこにいますか?
チョンニョン和尚:ああ...だから情報商人は、片方にあまりにも深く関与してはならないということ...ホン・インバンの仕事にあまりにも深く関与した。
キョンサン:早く決めてください!
チョンニョン和尚:そうだ!ホン・インバンの方に行く!

17_3.jpg
고신(拷訊)
拷問


バンウォン:私があなたと似ていると言った。しかし今わかった。あなたとは違うと。私は心の中の汚れた虫けらのささやきに釣られて揺れたりしない!
ホン・インバン:まだそんなに確信を持って言うな。その虫けらという奴は、ある瞬間までささやかないのだから。
バンウォン:ある瞬間?拷問に耐えられず自らを放棄したとき?それともあきらめた自分を認めず、世の中のせいにし始めたとき?
ホン・インバン:いいや。自らを知ったとき。
バンウォン:私は今私を知っている。私は力がない自分を我慢できないんじゃない。夢もなく、ときめくこともない自分が耐えられないだけだ。
ホン・インバン:三峰の話がお前をときめかせるだろう。官僚はどうしたらいいか、土地制度はどうしたらいいか、公平な租税のためには何が必要かと...この国はどう改革しなければならないのか...私もそうだった。三峰の言葉に胸が躍った。しかしだ、よく考えてみなさい。お前のときめきが三峰が作ろうとするその国のためなのか...それとも、その国をお前が欲しくてそうなのか...今はよく分からないだろう。しかし、ある瞬間分かるだろう。それを知った瞬間お前の中の虫けらは初めてささやき始めるのだ。

⇒まだバンウォンは自分が何者なのか気づいていませんね。
でもホン・インバンは気づいていた。
三峰が書いた政治体系をみて「これがほしい」と思わずつぶやいたバンウォンでしたから・・・・


17_4.jpg
역성혁명 목자득국 (易姓革命 木子得國)
王朝が変わって、李氏が国を得ることになる


バンウォンが夫人との取引で書いた内容が、まさにこれだったんですね!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。