항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ 13話 予告編♪



ンウォンが釈放されたという知らせにブニは喜んでバンウォンに向かって治療を受けることができるように手助けする。子供の頃、その子がブニだという事実を知ったバンウォンはブニに自分の気持ちを表す。一方、イ・インギョムは失脚して李成桂はホン・インバンの連合をつぶす。キル・テミからかろうじて危機を逃れたタンセはピグク寺僧侶たちに追われる中、ヨニが花事団のスパイという事実を知ることになるが...

あれ?もうイ・インギョム失脚しちゃうの?なんかさびしい~(;_:)

そして、イ・バンウォンの正妻となるミン・ダギョンが登場し、ブニはどうなる・・・

<王権派>元敬王后 ミン・ダギョン
WE77372735_w666.jpg

後の、朝鮮3代王 太宗妃。
海東甲族(10大一族)のうちファンリョ ミン氏、閔齊の娘。

 冷たくも美しい容姿を持ち、賢く、秀麗な弁舌でかなりの学士たちとの議論、争鳴でも気後れしなかった。
 「乱世に愛はない」という考えで唯一「利」のためにバンウォンと婚礼をあげたタギョン。
それだけタギョンとイバンウォンは最もよく似ており、そのため、不幸な恋人であった。
 
 しかし、勇敢な彼女はバンウォンの愛を得られず、涙ぐむ代わりに、家を繁栄させて夫を守り
ブニによってもみくちゃになったプライドを取り戻す道を選ぶ。
それはまさに、夫を王位に上げながら、自分は女として登ることができる最高の座!王妃になる道だった。


乱世に愛はない・・・・クク・・・・(;_:)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。