항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ 11話 クリップ映像(^_-)-☆



キム・ミョンミン(鄭道伝)は、安邊策の裏取引で逮捕されたユ・アイン(イ・バンウォン)の生死のために
冷たい渓谷の水に顔を浸し真剣に悩む。

벌레:ポルレ:虫
三峰:(私の心の中にもついに「虫」が動き始めた。。。)10話より
その一方で鄭道伝は、政治家の腹黒さを虫に例え、イ・バンウォンを諭した。彼は「政治をしようとする者は、誰でも心の中に虫一匹を育てる。しかし、その虫の言葉に耳を傾け虫の言葉に従ってみると、最終的にお前が虫になるのだ」と言った。


シン・セギョン、ユ・アインに告白...

おおまかな訳^^
「三峰アジョッシが必ず助け出す方法を見つけてくださるはずよ」
「三峰先生は僕が死ぬのを望んでいらっしゃるに違いない。そうすれば安邊策の件も
すべて解決するからだ」
「バカなこと言わないで!必ず助けてくれるわ」
「私がなんであなたを気に入ってるかわかる?死にそうにないから。離れないと思うから」
「僕を気に入ってるって? 死なない。必ず生きてここを出る!」




安邊策通過後、お互いを信じられない代わりに都堂の会議でパク・ヒョックォン(キル・テミ)は
自分の話しに驚きながらも、多くの家臣らの前で知ったかぶりをする。(笑)

過則勿憚改: 誤りを正すことをためらうな、という意味
論語の中にある。キル・テミ、言いかけて記憶が怪しくなり
ホン・インバンが「論語」と助け舟を出した場(笑)



三峰にバンウォンを助けてくれと懇願するブニ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。