항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
六龍が飛ぶ 単語復習

#六龍が飛ぶ 単語復習する 10話

龍が飛ぶの公式HPにはいろいろなコーナーがありますが
やはり出て来る用語が難しいからか、
解説ものが多いですね。
ありがたいけど。。。訳すの大変(^^ゞ

単語復習コーナーには関連するセリフも少しくっついているので
理解するのにちょうどいいかも、と思い、10話からさかのぼって訳してみました。
といっても全部アップできるかわかりませんが・・・(*_*)
いちおうカテゴリーを別で作りました!

[10回] 乱世之検有別
アンビョンチェ
(安邊策アンビョンチェ)
辺境を安定させる計略

ブニ:どうしたの?
バンウォン:ごめん...
ブニ:何かしでかしたの?早く話して!どうなった?
バンウォン:ブニ...安邊策、通過した! ⇒ルンルンなイ・バンウォン^^

pujonsejon.jpg
プジョンセジョン
石を持って、石を打つ ⇒相手の力を利用して相手を倒す(漢字語がないんですよねえ・・・・)

ヨニ:プジョンセジョンです!本当の平正之計は今始まり、すでにホン・インバンは、本院様(三峰)の手の中に入った石です。

pukutopurugaji.jpg
폭두불가지 (爆豆不可知ポクトゥプルガジ)
豆を炒る時その豆はどこにはじけ飛ぶかわからない

ヨニ:ところで、なぜうかない表情なんですか?
鄭道伝:あの武士は誰だったのか...?
ヨニ:私たちに天の助けを下した者のことですか?。
鄭道伝:爆豆は不可思議だと言う。次に天の助けが下るとき、私たちは司馬懿になるか、諸葛亮になるのかわからないのだ。
ヨニ:その者を爆豆と思われるのですか?


irudejige.jpg
(一代之制イルデジジェ)
一国を築く制度

鄭道伝:完全に仕組まれたこの板で、その謎の武士だけが私の計算に入っていない。このような板で制御されていない変数というのは、最も危険なものだ。
ヨニ:私が調べてみましょう。もうハムジュへ行かれるのでしょう?
鄭道伝:そうだな。今李成桂に会って私のすべての計画を話し、一代之制を論じる時だ。
ヨニ:では、チャナム山の洞窟に行かれますか?


kabyorucho.jpg
(家別抄カビョルチョ)
李成桂の私兵集団

バンウォン:私の父成桂将軍だ。ところで、私が子供の管理を怠ってこのようになりました。安邊策は撤回します。こんなことができると思う?それでどうやって家別抄を統率するんだ?お怒りになるだろう。でも、それだけで飲み込まれるはずだ。

kyonnuechonpyon.jpg
(京外從便キョンウェジョンピョン)
流刑された罪人を解放するものの開京には出入りできないようにする措置

キル・テミ:まあホン・インバンの説得もあって...安邊策を通過したのはしたんだけど、これからどうするつもり?
鄭道伝:私が遅かれ早かれ、ハムジュへ向かいます。行って来たら李成桂将軍が送られる連合の証を持ってくるでしょう。
ホン・インバン:待っているぞ。
キル・テミ:それでは今度ハムジュから戻ってきたら開京で会いましょう。(はい、、これ。)開京の通行証よ。三峰に対する京外從便を解除しといたわ。私も守侍中じゃない、このくらいはもう。
鄭道伝:恐れ入ります。これからはしょっちゅうお会いすることができでしょう。
←あららすっかり仲良くなっちゃって

hedonnkapuchoku.jpg
(海東甲族ヘドンカッジョク)
統一新羅の時代から続く貴族の10大家門

鄭道伝:あの刺客はイ・インギョムの差し金ではない。ホン・インバンやキル・テミの自作自演もない。一体誰の勢力なのか。海東甲族?彼らはこのような事には動かない。一体誰の指図を受けた者なのか

nannsejikomuyubyoru.jpg
(亂世之劍有別ナンセジコムユビョル)
乱世に使う剣は別にある

鄭道伝:将軍が判を押さなければ、まだそこまでなのだ!それを説得して、我慢し、心を合わせて、大変でも、最大限真心をこめるのがこの大義の第一歩なのだ!なのに貴様ごときが!
バンウォン:乱世には!乱世の方法があるじゃないですか。乱世の剣は別にあると言われています。


irudejige2.jpg
(一代之制イルデジジェ)
一国を築く制度

鄭道伝:お前がこの部屋で見た多くの計略!新しい国の一代之制!これから私と将軍が共にやっていかねばならないことは目に入らなかったのか?しかしお前がその始まりからだめにしてしまったのだ。お前の軽率な行動で李成桂将軍は、これから私の事を信用しない。
バンウォン:既に父は私の独断であることを知っておられます。
鄭道伝:ではお前の独断で私がもて遊ばれたことも知っておられるのだな。お前であればそのような者を信じて共にするか?また、私が得なければならないのはお前の父、李成桂将軍の決心だ。心から共に大業を成し遂げようとする決意!それが必要なのだ。お前がお前の父親の決意も決議も奪ったのだ。


honwannsaebyon.jpg
興王寺の変(ホンワンサエビョン)
金庸が王を殺害しようと興王寺の行宮を侵犯した事件

ヨニ:なぜまた思い出したのですか?どうしてむごたらしいあの日をまた口にされるのですか?
鄭道伝:キム・ヨンウンは結局興王寺の変を起こし、殿下を殺害しようとした。
ヨニ:三峰様..
鄭道伝:また私がその日キム・ヨンを殺していたら起こらなかったことだ。
ヨニ:おやめください!その日の事を忘れまいとむごい洞窟を離れることなくここから始められました!
だから目、鼻、口を完成させていない木彫りの兵士をいつも持っていらっしゃるのです!



あの木彫り人形の理由がわかりましたね。

争いから村の子供らを守るため、洞窟で世話をしていた若き鄭道伝。
ある日、開京に行かなければならず、子供たちに「私が帰ってくるまではけして洞窟の外に出てはいけない」
と言い含めて出ていったが。
興王寺の変に巻き込まれ、牢屋へ閉じ込められる。
結局、子供たちは洞窟から出ていってはならないという鄭道伝のいいつけを守っために
命を落としてしまう。
泣き叫ぶ鄭道伝。
目、鼻、口をまだ掘っていない人形を持っていた子供に
戻ってきたらかっこいい目と鼻と口を作ってあげると約束したが
叶わなかった。
そしてその事件をきっかけにあの洞窟で高麗を倒す大業を始めた鄭道伝。。

ということのようです。

だからあの木彫りの人形は革命を志す仲間の証なんだなあ。
いろいろわかってくるとさらに面白い。

そして、ヨニは三峰の過去をいろいろ知ってますね。
三峰のことを「本院オルシン」と呼んでいたので
ヨニと三峰は、三峰が流刑を終えてあちこち転々としたあと
塾を開いたことがあったので
その頃からの知り合いなのではと思います。。。(あくまで私の推測ですが・・・)


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。