항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ キム・ミョンミンの約束。最高瞬間視聴率17.6%「最後の1分」'17 .6%

20151104091829914swqt.jpg


の記事はわかりやすいですね!

そして11話ではイ・バンウォン(ユ・アイン)が大ピンチ!

SBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」が瞬間最高視聴率17%を超えた。去る3日放送された「六龍が飛ぶ」は、全国13.5%、首都圏14.5%の視聴率を記録した。

この日放送された10回はバンウォン(ユ・アイン)が父・李成桂(チョン・ホジン)の代わりに印を押した、安邊策が都堂を通過する姿で火ぶたを切った。バンウォンは、安邊策が通過した報せを¥に喜びを隠せなかったし、初めて鄭道伝(キム・ミョンミン)に会う時が来たと思っていた。しかし、安邊策が通ることは不幸の端緒となった。バンウォンの大言壮語とは異なり、李成桂は、安邊策を撤回するという意志を明らかにし、鄭道伝によって設計した絵は、予期せぬ方向に流れ始めた。ホン・インバン(チョン・ノミン)、キル・テミ(パク・ヒョクォン)から不意打ちをくらって怒り心頭のイ・インギョム(チェ・ジョンウォン)は、情況的にそれらを操縦する背後の人物がいると確信し、花事団チョ・ヨン(ユン・ソナ)を介してホン・インバンに関するすべての情報を収集する。

革命の絵を描いた鄭道伝のアジトで鄭道伝とイ・バンウォン、タンセ(イ・バンジ/ビョン・ヨハン)が運命的な初めての出会いを持った。タンセは鄭道伝の平定之計の通りペク・ユン(キム・ハギュン)を殺害したにもかかわらず、さらに混乱してしまった高麗の現実に嘆き、バンウォンは、安邊策にまつわる秘密を打ち明けて鄭道伝の大業に参加する意思を表したが、断固として拒絶された。

鄭道伝は、情熱だけで先に事を仕損じたイ・バンウォンに怒った。そして、目・鼻・口がない木彫りの兵士の人形を見て、過去の傷を思い出した。再び会えなくなるとは思わなかった子供との最後の約束を盛り込んだこのシーンは10回の瞬間最高視聴率である17.6%を記録した。

過去の痛みが今の課業を夢見るようにしたことを示した鄭道伝は、イ・バンウォンが新朝鮮建国の予測できない変数と思うようになった。そして危機のイ・インギョムは、安邊策を通過前日、ホン・インバンが最後に会った人間がイ・バンウォンだったという事実を知って、含みのある笑みを浮かべた。これは、革命派鄭道伝と高麗維持派イ・インギョムの間にイ・バンウォンが浮上したことを示唆して新朝鮮建国が新しい局面に突入することを予告した。イ・インギョムが安邊策の印を捏造したイ・バンウォンを逮捕、李成桂との戦争を宣言しながら高麗都堂派と革命派との間のしっかりとした対決構図が形成されることを予告した。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。