항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
六龍が飛ぶ あらすじ

昨日何見た? #六龍が飛ぶ <9話あらすじ・レビュー>

9.jpg

龍が飛ぶ 絶え間ない戦いの末引き寄せられた革命の炎

5行要約
鄭道伝(キム・ミョンミン)はホン・インバン(チョン・ノミン)に会い、チェ・ヨン(チョン・グクファン)とイ・インギョム(チェ・ジョンウォン)に対抗するには、ホン・インバンとキル・テミ(パク・ヒョクォン)そして李成桂(チョン・ホジン)が手を組まなければならないと言う。ホン・インバンは、安邊策についての詳細を調べるためにチョンニョン和尚(ハン・サンジン)を李成桂に送り、安邊策にこっそり印を押して送った事実を知られたイ・バンウォン(ユ・アイン)はブニ(シン・セギョン)、撫恤(ユン・ギュンサン)と一緒に急いで開京に発つ。チェ・ヨン、キル・テミとホン・インバン、イ・インギョムをめぐる鄭道伝の策略は、意図せぬタンセ(ビョン・ヨハン)の登場で力を得て、安邊策を可決させるに至る

レビュー
チョ・ヨン(ユン・ソナ)は、イ・インギョムが死ぬ前に天地開闢をしても決して成しえないことだと、安邊策(辺境を安全せる計略)を表現した。しかし放送末尾、イ・インギョムは自ら安邊策の可決を叫んでいた。

イ・インギョムは、安邊策の否決を確信していた。キル・テミとホン・インバンを狙ったチェ・ヨンと意志を合わせ、自分の意のままに追いやろうとした。だがホン・インバンの権力欲を刺激した鄭道伝は罠をかけた。ブニの村の人々を利用してチェ・ヨンに荒地開墾の事件を告発し、彼を動かし、チェ・ヨンに向けたホン・インバンの反感を持たせるようにしたもの。また、キル・テミとホン・インバンがペク・ユンを殺したという噂を拡散しイ・インギョムとチェ・ヨンを動かすだけでなく、ホン・インバンを継続して刺激した。イ・インギョムはキルテミを脅迫してホン・インバンの勢力まで、最終的にへし折るようにした。鄭道伝の計画が狂うようになったその時、ブニに間違いがあったと知ったタンセはホン・インバンとキル・テミの前に現われる。タンセがイ・インギョムが送った刺客と誤解したホン・インバンはキル・テミ、チェ・ヨンと力を合わせ、安邊策を可決させた。

安邊策を巡って都堂3人衆と鄭道伝の疑いと絡み合うことができた戦いは1時間にわたって手に汗を握るようにした。しかし、その間に少しずつ見せた武士タンセと撫恤の姿はより注目を集めた。

バンウォンからもらった偽の護衛武士の地位ではあったが、これは撫恤を武士としてもう一度覚醒し、バンウォンの護衛武士としてのスタートを見せた。撫恤はバンウォンにだだをこねたが、ブニが現れバンウォンの手首をつかんでいくとなぜか分からないさびしい表情を作ったりして、続くバンウォンの「護衛武士」への任命に、何人いるかもわからない武士らを一気に制圧するなど、まだ少年のような姿に、磨かれていない武術を見せたが、「武士撫恤」という叫びの後に見せた、彼の実力は驚くべきだった。すぐに馬に乗れないという告白とおびえた悲鳴は、彼の反転魅力に陥いるようにした。

鄭道伝の策略も、撫恤の覚醒よりも目を引いたのは、タンセとヨニ(チョン・ユミ)の再会であった。タンセは一目でヨニだとわかり、瞬く間に彼の目は切なくなった。彼の目にヨニもまた震え、「ヨニ」と呼ぶシーンは視聴者の心を震わすのに十分だった。これは彼らが向き合った青く美しい風景まで加わって知らないふりをしてただ流れていこうという彼らの言葉は残念なだけだ。ブニの失踪を知ったタンセの怒り、ホン・インバンの前に現れた冷酷な目つきは心を痛くし、キル・テミとの対決は、まぶしかった。これで、新しい世界を夢見る鄭道伝、イ・バンウォンと今の世界に向けた怒りが極に達したタンセが出会うことになる。後に鄭道伝の情人になるヨニと鄭道伝の護衛武士になるタンセがすぐにまた会うことは自明のことだ。後日、その出会いがすでに心に痛いが、それほど期待するようになるのも事実である。

おしゃべりポイント
- 「テミや~」とイ・インギョムが呼んだ。
- ブニにすっかり陥ったバンウォンの心は今隠すことができないですね!
- ついにちゃんと見たキル・テミの剣の実力!テミさん姉の魅力はどこまでですか!



間に合った~ではではチャットで会いましょう~♪

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。