항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ」キム・ミョンミン血まみれ姿、鳥肌立つ熱演予告

10_1.jpg
10_2.jpg


れはいったい!三峰に何が!?

「六龍が飛ぶ」キム・ミョンミンの憔悴した姿が捉えられた。

俳優キム・ミョンミンはSBS創社25周年特別企画「六龍が飛ぶ」で非凡な中にも天才性を秘めた朝鮮の設計者「鄭道伝」に扮した。立体的なキャラクター鄭道伝と演技の神と呼ばれるキム・ミョンミンのキャラクター完成力が出会い提供する鳥肌は、TVの前の視聴者にスリリングを味あわせている。

過去9回の鄭道伝は、最終的に、安邊策を通過させた。鄭道伝は、都堂を揺るがした。権門世族の隙を攻略し、彼らの勢力均衡を破ってしまった鄭道伝に、ホン・インバン(チョン・ノミン)としばらく手を握って「新朝鮮」に向けた最初の一歩を踏み出したのだ。視聴者は、鄭道伝がどのように「新朝鮮」の夢を実現させるか気がかりと期待感を抱いたまま、10回の放送を待っている。
こうした中、11月3日「六龍が飛ぶ」の制作陣は鄭道伝の憔悴した姿が盛られた10回のスチールを公開して注目を集めた。

写真の中の鄭道伝は暗いところに一人座っている。まげを結った頭は誰かに引っ張られたようにかなり乱れており、彼の顔には、黒っぽい土ぼこりとともにあちこち傷が残っている。生気なく、真っ青な唇さえ血が固まったまま割れている。また、彼の服は床を転がされたように、汚れと共に赤い血痕が付着しており、鄭道伝が尋常でない状況に置かれていることを推測することができる。

何よりも俳優キム・ミョンミンが繰り広げる熱演が期待を集める。外見だけでなく、キム・ミョンミンは何かに憑かれたように焦点を失った目つき、木彫り人形を握り締めた手で鄭道伝の、複雑で空虚な心理状態を静かに表現した。

これと関連し「六龍が飛ぶ」撮影の関係者は、「鄭道伝の人生において非常に重要なターニングポイントになるストーリーである。 鄭道伝そのものを表現したキム・ミョンミンの熱演に、現場スタッフたちの拍手の洗礼が鳴りやまなかった。今日放送される「六龍が飛ぶ」10回に多くの関心をお願いします。」と伝えた。



これって9回で話てたけど流刑の身になっていた時のシーンかな。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。