항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ 9話 今夜の予告 タンセvs.キル・テミ 対決!

5b1a28aa952d71c18008054e0a2717a9.jpg

わ~早くみたい~!!!

※この写真を見た韓国六龍ペン(笑)
「化粧はするのが重要か vs.落とすのが重要か」対決 
だって。笑える~(*^_^*)


11月2日放送されるSBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」側はタンセ(ビョン・ヨハン)とキル・・テミ(パク・ヒョッコン)の対決が込められた場面を公開した。

公開された写真の中タンセとキル・テミは剣を合わせたまま火花散る気の戦いを続けている。どちらが優位か決めることができず、互角に続く二人の力比べに緊張感が漂っている。

写真の中のタンセは黒いトポを着て覆面で顔を覆っている。自分の正体を徹底的に隠し覆面から垣間見える冷たく鋭い彼の目は事情を抱いているようで好奇心を刺激する。

続いてキル・テミはきらびやかな華やかさで視線を奪う。濃いアイメイクと大きなイヤリングをしたまま剣を振り回すキル・テミは、古典的な武士とは違う姿で反転ある彼の姿に多くの人々の注目を集めている。

これと関連し、制作陣は「ビョン・ヨハンとパク・ヒョッコンが数えきれないほどのアクションシーンを合わせて見てながらこのシーンを完成させた。二人の俳優が骨身を惜しまないアクション熱演を繰り広げた。高麗随一の二人の武士の休みなく吹きつける剣術対決を期待してくれ」と伝えた。



357931_142507_2318.jpg
「六龍が飛ぶ」キム・ミョンミンとユ・アインが安邊策を通過させるために動く。
2日午後放送されるSBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」では、安邊策を通過させるために動く鄭道伝(キム・ミョンミン)とイ・バンウォン(ユ・アイン)の姿が描かれる。
この日の「六龍が飛ぶ」で李成桂(チョン・ホジン)は、「私が安邊策を都堂に上訴したというのか」と怒り、ブニ(シン・セギョン)はイ・バンウォンに"バレた。こっそり印鑑を押して送ったことが」と急いで知らせる。これにイ・バンウォンは急いで開京へ発つ。
鄭道伝は「すぐに私を探しに来るだろう。その切迫した手に刃を握らせてやろう」と計画を立てる。鄭道伝はホン・インバン(チョン・ノミン)と会い、チェ・ヨン(ジョン・グクファン)とイ・インギョム(チェ・ジョンウォン)と対抗するには、ホン・インバンとキル・テミ(パク・ヒョッコン)そして李成桂が同じ側になければならないと言う。ホン。インバンは、安邊策について詳細を調べるためにチョンニョン和尚(ハン・サンジン)を成桂に送る。
ホン・インバンは夜遅くに自分自身を訪ねてきたイ・バンウォンに「君がこんな夜に何の用か」と尋ね、イ・バンウォンは「明日、安邊策を通過させて下さい。取引はその次です」と提案する。
一方、大人になったタンセ(ビョン・・ヨハン)とヨニ(チョン・ユミ)は再会する。ヨニは「生きていれば、いつか会う日もあるでしょう」と言い、タンセはヨニと会うと「ヨニ。。」と言いながら涙を見せる。


8話から鄭道伝の水面下の作戦が見え始め
いろいろ動き出しました。

今日はまたまた楽しみな展開が期待できそう~
とくにタンセが大活躍するらしい。(8話は出番あまりなかったしね☆)

とこで、安邊策について、、このような解説がありました。

「六龍が飛ぶ」で言及された安邊策(アンビョンチェク)とは?
27日放送されたSBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」でイ・バンウォン(ユ・アイン)が父親成桂(チョン・ホジン)の代わりに、安邊策に印鑑を押す姿が描かれた。
イ・バンウォンは作為された安邊策を鄭道伝(キム・ミョンミン)に送った。
ドラマで出てきた安邊策は、後日付けられた名前で、当時辺境を安定させる計略と言われていた上訴だ。主な内容は、平時にも民に軍事訓練をさせて外敵の侵略に備えること、管轄地域で、税金で兵糧を自給できるようにしてやるものなどが含まれている。
この計略は朝鮮の財貨を受けながら軍事権と行政権を独立して維持することができた。
安邊策は、ドラマで出てきたように、イ・バンウォンが作成し鄭道伝に引き渡されたわけではない。作成者が明らかにされなかったが、高麗史と東國通鑑には李成桂が1382年東北面一帯を引っ掻き回しながら略奪していた女真を壊滅させ、翌年辺境を安定させる計略を上げたと記録されている。


ふむふむ。わかったようなわからないような(*_*)



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。