항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ キル・テミ役パク・ヒョッコン インタビュー(^_-)-☆

キルテミ姉さん
今はもうばっちり。掴みはOK^^

ンタビュー読んでみたら、そんなに自信がなかったんですか?
って思いました。
まあ素人の私なんかにゃわからない役者としての感覚があるでしょうから・・・
一生懸命悩んだあげく、爆発的な反応を得ることができてよかったですね。
キャスティングしたシンPDの見る目があるんだなあと思いました。

ミョンミンさんも台本を読んで、やらなければならないことが本当に多いとおっしゃってましたが
脚本が要求するものが多様で深いんでしょうね。だからなのかなあ。
今回のドラマは脇の役者さんたちもかなり気合が入っていて
それぞれの役がそれぞれキレ味あって、さらにドラマを楽しく面白くしているようです。

いよいよ明日、5話だ~♪

パク・ヒョッコン:「キル・テミ、聞いたことも見たこともない役。自信なかった」
SBS「六龍が飛ぶ」で1人2役話題...「悪口言われなくて幸い」

「賞賛してくださってとても感謝しています。でも、その前に悪口を言われずよかったです。本当に悪口さえ言われなければいいという思いでしたよ。」
最終的には、このような日が来た。少しずつ存在感を発揮し、一挙手一投足が話題を集める瞬間が来たのだ。
俳優パク・ヒョッコン(44)がSBS TV「六龍が飛ぶ」で繰り広げる1人2役で10月の開始とともに、放送関係者のスポットライトを一身に浴びている。

ドラマ「彼女はきれいだった」を除き、現在の放送で最もホットな人物はパク・ヒョッコンといっても過言ではない。わずか4回放送されただけなのにパク・ヒョッコンが創り出したキル・テミとキル・ソンミの1人2役の視聴者の反応は、インターネット上をいっぱいにしている。

高麗末、朝鮮初期、腐敗した権力の軽薄な殺し屋下手人キル・テミと片田舎の重厚な武林高段者で彼の双子の兄のキル・ソンミの1人2役を演じるパク・ヒョッコンを最近電話でインタビューした。インタビューはキル・テミの演技を見るのと同じくらい面白かった。

- 反応が爆発的だ。

▲そうなんです。このように話題になることは本当に思わなかったです。視聴者の感性に合っているようです。キル・テミが聞くことも見ることもできなかった役だと思い本当に負担が大きく、自信がなかったんです。 5日目の撮影した日PDに辞めたいと言おうか本当に悩みました。このように、自信のない状態で最後までいくので撮影を今でも抜けなければならないだろうかと思いました。最初にあらかじめできないと言うのがかえって責任感があるように思えました。そうするうちに5日経つともうぬけることのできない状況になっていました。

- 何がそんなに自信がなかったのか。

▲作家の皆さんも、頭の中だけで描いた役でキル・テミの実体は、誰も知らなかったことでした。感覚的にこうしたらよいという注文をするだけであって。あまりにも悩んでものすごく萎縮しました。私がこれほど萎縮したのは、学校に通っていた時以降初めてであるようです。あまりにも自信がないのでシン・ギョンスPDがかなり促してくださり引っ張ってくださった。キャラクターの絵が明確に描いて演技をする方だが絵が描けなくておかしくなりそうでした。

1人2役も初めてのうえ、キル・テミは女性的でありながらもコミカルな部分も必要とし、また、剣客として重みも必要なので難しかったです。特にドラマ序盤は子役が登場するのでキル・テミが楽しいという要素を担当しなければならないと注文されて負担になりました。私は、元々雰囲気を下げるコメディをする方でキル・テミは浮かせてあげるコメディをする必要があって、果たして上手くいくかどうか自信がなかった。台本練習初日、私はあまりにも自信がないので作家が「難しければ、女性らしい部分は抜いてもいい」とおっしゃったほどです。

- どのように適応したか。

▲キル・テミが初志一貫、一貫性のある人物ではないから、一貫性ないのを一貫的に消化しようと思いました。(笑)ただふざけときふざけ、戦う時は戦っている。ふざけていて突然真顔で戦えば、それはまた、どのように笑えるか心配しましたがキル・テミだからそんなことができるのだと考えてすることにしました。さまよったけれど運良くうまく行くようになりました。

- カラフルなメイクが話題だ。特にアイシャドウの色が印象的である。

▲扮装チームも最初はどのようにすべきか慎重でした。だからアイシャドウの色をはじめ、様々な実験をしました。紫も使ってみて青も使ってみて、こんな風に化粧してみてあんなにやってみて...。みんな慎重ながら少しずつ変えながら合わせていきました。撮影を進行しながら一つずつ整理ができていったようです。今キル・テミに扮した自分の姿を見ると、ぎこちないです。(笑)扮装時間は最初2時間で、最近は1時間40分で少し減りました。

- キル・テミのひょいひょいとコミカルな踊りも話題になった。

▲最近私の飲み会でふざけたときの踊りをもっと練習して発展させたダンスです。私の独創的なダンスということができます。(笑)、実際に台本のト書きにはオム・ジョンファの「わからない」のダンスのように踊ればよいとなっていました。ところが、動画を見ると、私が使える動作がなかったんです。だから、私は自分が考えたダンスを発展させました。このように反応があるとは考えていませんでした。

- イ・インギョム役チェ・ジョンウォンに駄々をこねて叱られる演技も面白い。

▲実際序盤は私がうまくできなくて、再び撮ったシーンがかなりよくなりました。私はあまりにも萎縮していて演技がうまくできなかったです。チェ・ジョンウォン先輩がよく導いてくださいました。先輩とPDが助けてくださらなかったらできなかったでしょう。

初放送が出て反応がよいので、PDが私に電話して「本当にやりがいがある」とおっしゃったがよかったです。私があまりにも難しいと言うのでPDもかなり心配されたと思うが悪口言われず幸いです。

- キル・テミの演技をしてキル・ソンミに変身するのはどうだったか。化粧落としたキル・ソンミの姿が「清楚」という反応もある。

▲へえ..なんでそんな反応が...。(笑)、実際に撮影はキル・ソンミを先にしました。比較的無難な役なのでキル・テミより楽でした。それでも1人2役が初めてだからうまくしなければならないという負担が大きかったです。演技で飯を食っているんだから基本はしなければという思いでした。

三韓随一の剣客という点はもちろん良いです。普段より年をとる前に濃いアクションを一度してみたかったです。このドラマ終わってしっかりとした体でやるアクションを一度してみたいと思います。

- 「風の絵師」「根の深い木」「馬医」など時代劇を続けてきた。実在の人物と架空の人物を演じるのに違いがあるか。

▲「根の深い木」でチョン・インジを演じましたが、架空の人物だと言っても大きな差はないです。実在の人物といってもずいぶん前の過去の人物であり、基本的に俳優には台本が1次テキストであるため、台本に忠実であればよいと思います。特に今回は台本だけ持っても手にあまるので、他の考えをする暇がないです。

それよりは、私は基本的に時代劇が似合わない俳優だと思ってきました。私の演技が時代劇とはよく合わないと感じてきたし、自分だけがバタバタと鈍い感じがしました。

それで「六龍が飛ぶ」もシンPDでなかったらやらなかったでしょう。前もって「根の深い木」と「スリーデイズ」などで一緒に撮影をして積みあげた信頼があってPDを信じて今回のドラマになりました。私にとってはとてもありがたい方です


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。