항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ 「物議の強姦シーン」シウン嬢父パク・ナムジョン氏撮影同行

20151016090442256zbno.jpg

も、このネチズンの意見は掲示板で読みましたが・・・
反応は想定内だったのではないでしょうか。
たしかに子供が強姦されるという素材は刺激が強いですね。
KBSならできないはず・・・
おっとりしたタンセがものすごい腕前の剣士に変身するには
それなりの強い動機が必要だったというのは理解できますし
ヨニも、この事件をきっかけに花事団(ファサ団)のキーセン(?)として
生まれかわり、鄭道伝の恋人になるんですよね。

そういう意味では、このドラマは時々刺激的な場面を提供しますね・・・^_^;
鄭道伝の拷問シーンも実際あの韓紙を使ったやり方は昔の死刑で使われた方法らしく
かなり斬新で(苦笑)いやいや残酷でさすがにもう一度見るのがつらい・・・というか一緒に苦しくなる・・・(笑)


六龍が「物議の強姦シーン」"パク・シウン父パク・ナムジョン撮影同伴"

SBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」が強姦シーンの物議に包まれた中、演じた子役パク・シウン嬢の父である歌手パク・ナムジョンが撮影現場を見守ったという事実が伝えられた。

「六龍が飛ぶ」側は15日スポーツ朝鮮に「その場面は敏感な内容なので子役たちへの配慮が最優先だった」とし「わざわざ現場にシウン嬢の父であるパク・ナムジョン氏をお連れし撮影過程を一緒に見守りながらすべて公開した "と語った。

続いて「うまく行くようにリラックスした雰囲気を与えたかった、劇中ヨニ役を引き受けたシウン嬢の代役も別に用意していた」とし「子役たちに、合間に説明をし十分な時間を持って行った」と当時の状況を説明した。

パク・シウン所属事務所も "世間の懸念とは異なり、撮りながら大変だとか辛いとか、重い雰囲気ではなかった」とし「製作陣が配慮をたくさんして下さり、編集もうまくされたようだった」と明らかにした。

続いて「そのシーンを何日も何ヶ月も長く撮ったものではなく、子役だけを別に練習するなど、事前に準備をたくさんしたので、精神的または身体的に無理はなかった」とし「難しい場面ではあったが、良い作品に参加するという気持ちで撮った」と付け加えた。

前13日の夜放送されたSBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」4回では、子供のイ・バンジ(タンセ/ユン・チャンヨン)が覚醒する過程が描かれた。ただ純粋だったが、心の傷のために覚醒した後、高麗を滅亡させる主要人物となる。

しかし、その覚醒方法に議論が起こった。目の前で初恋のヨニが強姦される場面を目撃する姿が描かれてタンセが武士として成長する過程が展開されたもの。

放送直後、一部の視聴者は、パク・シウン強姦シーンを置いて舌戦を繰り広げた。多くのネチズンたちは "中学生に過ぎないパク・シウンが演技するには不適切である。地上波で児童性暴行を扱う必要があったのか」という意見を出し、また他のネチズンは、"純粋で幼弱だったタンセが6年後に冷酷な剣客イ・バンジとなり、開京に戻って自分が目標にしたやからを一刀両断に殺害を開始するために劇的なきっかけが必要だが、この場面が問題の素地はあるが必要だったという制作陣の説明に合点が行く」という意見も少なくない。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。