항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ 3話 イ・バンウォン「これから始まりだ」

201510122257770695_561bbed05923c.jpg

開早いし話の内容は小難しいし、
とにかく、イ・バンウォンがあの夜、人を殺したみたいですね・・・
正義の名のもとに「孟子」の本を焼いた李氏三兄弟を殺しちゃったようです・
そしてニヤリと笑って「これからが始まりだ」と。。。
・・・末恐ろし・・

いやいや、なんかすごいわ。

そしてまた脇を固める役者さんたちの演技の熱いこと!
キャラがますます際立って
イ・インギョムとキル・テミのお肉キャッチボールはいったい・・(^^ゞ

そしてあの仙人の老人は誰?

まだ3話なのに~!!!

そしてユ・アイン出てこなかったね。ミアネ~明日か・・・

いたいのあらすじ・・・

「六龍が飛ぶ」チェ・ジョンウォンとバク・ヒョックォンの利己心がますます悪辣になっている。
お金と権力のために欲を表わし文臣らを締めつけ始めたのだ。

12日午後放送されたSBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」3回は元の使臣を追い出し交渉を結ぶことができないようにされた代価として鄭道伝(キム・ミョンミン)が拷問で苦難を経験し流刑地に去る姿が描かれた。

この日キル・テミは鄭道伝に、「一人でやったはずはないだろう」と背後が誰かと尋ねた。また「儒生の体面ですぐに話すのは、ねえ。名分はあげるわ」と水を浸した漢紙を彼の顔にかぶせて息をすることができなくする拷問をした。

これイ・インギョムの側近チェ・ヨンは、「正4品文臣の端くれが、偽の元使臣行事までするとは、これが国か」と問いただした。彼はイ・インギョムに士大夫文臣を掌握し国を安定させろと指示した。
一方キル・テミの息子キル・ユも成均館儒生たちを苦しめた。同級生に孟子を焼けるか、これを拒否すると、額に儒教秩序と規律を乱す人という意味の「サムンナンジョク」というタトゥーを刻んで死に追いやった。
このような事実に衝撃を受けたホガン(イ・ジフン)は、成均館秩序を正すために師匠ホン・インバン(チョン・ノミン)に告げ口し、これにより自分の息子が罪を受ける危機に置かれると、キル・テミは李氏三兄弟が殺害されその現場にホガンの服のひもが落ちていた証拠を偽造した。これによりホガンは逮捕された。
キル・テミは、これまでホガンの父ホジョの土地を虎視耽々と狙って裏金を握ってやろうとしたが、いつも失敗してきた。結局、息子を助けたいホジョがキル・テミに土地を奪われ、自分の私利私欲を満たすことができるようになった。


そういうことか。。。

儒生たちの頼みの綱であったホン・インバンは流刑から戻ってきたけれど
人がすっかり変わってしまい、こともあろうにキル・テミ側についてしまいました。
これから彼は三悪人の仲間入りとなるようで・・・

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。