항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ チョン・ドジョンの歌 「무이이야 (無以異也)」合唱♪



Img0404_20151007005640_1.jpg
クリックで拡大します。さあ皆さんご一緒に♪

「六龍が飛ぶ」側"大合唱エンディング、総力戦を傾けたシーン
SBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」側が話題になった2回「大合唱エンディング」のシーンの裏話を伝えた。

去る6日放送された「六龍が飛ぶ」は、最後に鄭道傳(キム・ミョンミン)を筆頭に儒生と民衆の凄絶で心が痛む大合唱エンディングが話題を呼んだ。

制作陣によると、そのエンディングシーンに登場した役者は総350人余りである。鄭道傳、イ・インギョム(チェ・ジョンウォン)、鄭夢周(キム・ウイソン)、ホン・インバン(チョン・ノミン)と儒生などの固定出演者だけで50人。そこにエキストラ300人余りが加わった。壮大で悲壮なこのシーンを収めるため、なんと5台のカメラが動員された。
莫大な人員と装備が投入されたシーンであるだけに、シン・ギョンス監督をはじめとする製作陣は数ヶ月前から刻苦の努力を傾けた。一糸不乱な撮影進行のために動線とコンテ会議だけも複数回行われた。シン・ギョンス監督はエキストラ一人一人がすべて集中度の高い演技を見せることができるよう、現場で直接歌を歌ってナレーションをするなど情熱を吐き出した。その結果、撮影はNGなし、一日だけで終わった。出演陣 - 製作陣皆、、非常に強い集中度を示しており、現場にも戦慄が走るほどだったということだ。

俳優たちの演技と同じくらい注目されるのがすさまじくて心が痛む「ムイイヤ(無以異也)」の歌詞である。 「父は刀で切られて倒れて、子供たちは税で引き裂かれて死に、灰が飛ぶ満月台に慟哭の声がむなしい」という悲しこの歌詞は孟子の「ヤンヘ王 上」第4章に出てくる詩を写したものである。キム・ヨンヒョン 、 パク・サンヨン作家が直接書いた歌詞であるだけに、「六龍が飛ぶ」が描こうとした民と民衆の状況が込められている。
歌詞が完成した後、「六龍が飛ぶ」音楽チームが曲を付けた。撮影の数ヶ月前に完成された曲は楽譜化されて演技者にすぐに伝えたし、数ヶ月前から練習に入った。それだけでなく、事前に合唱団を介して録音を進行、完成度を高めた。
「六龍が飛ぶ」関係者は、「総力戦を傾けたシーンだけに、多くの関心を持っていただき、本当に感謝している」とし「今後も繰り広げる話が多い作品である。さらに完成度の高いドラマになるように一生懸命に努力する。たくさん期待してほしい。 」と伝えた.

Img0404_20151007005210_1.jpg 孟子「ヤンヘ王 上」第4章


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。