항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ イ・インニム=イ・インギョム?名前の秘密

キルテミ様
iinngyom.jpg

~るほどね~♪
これでやっとわかりましたわ。

イ・インニムであるはずなのに、イ・インギョムって。
昔だから名前がふたつあったのかしらん?とおもっていたら
そういうことだったのか。
そういう意味でも歴史大河ドラマというより
フィクション史劇なんですね☆
しかしセットが素晴らしい~
イ・インギョムのお屋敷なんて映画級だわね☆

「六龍が飛ぶ」が5日初放送された中で、仮想人物イ・インギョムに対しネチズンたちの関心が高まっている。
俳優チェ・ジョンウォンが熱演中のイ・インギョムはSBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」でウ王を擁立した貴族の実力者で高麗最高権力実勢として描かれる。いつも優雅で巧妙な政治家として高麗の背後を握って揺るがす者として、歴史の中イ・インニムを脚色した人物である。
イ・インイムは高麗時代の武臣として恭愍王時 西北面都統使として元朝の東寧府を征伐して広平府院君として冊封された。恭愍王死後ウ王を推戴し、政権を握り親元政策をとった高麗末最大の権力実勢だった。
「六龍が飛ぶ」の制作陣はこれと関連し、「もう少し自由な表現ができるように名前を変えた。想像力を極大化させ創作の自由を最大限に確保するためだ」と説明した。
実際のファクション史劇を標榜した「六龍が飛ぶ」にはイ・インギョムのほかキル・テミ、ホン・インバンなどが再創造されて登場する。イ・インギョムの側近として登場したキル・テミとホン・インバンはイ・インニムの側近イム・ギョンミ、ヨム・フンバンなどを脚色した人物である。
また、朝鮮建国に影響を及ぼした「六龍」に該当する人物も李成桂、鄭道伝、イ・バンウォンなど3人が実在の人物だが撫恤、イ・バンジ、プニは作家の想像力によって誕生させた仮想の人物である。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。