항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ 今日(5日)初放送、50回走る準備できましたか?

Start1.jpg

日は久しぶりにモイムで楽しい時間を過ごしました~♪
やはり、ウリミョンミン イルボンペンはいいなあ・・・(^_-)-☆
次は忘年会かねて集まりましょう~
そう、もうあっと言う間に年末ですよね!←早い(;_:)

ということで、今日から走りますよ!
記事のタイトルが「50話走る準備はできましたか?」ということなので
見事完走したあかつきには
ビールで乾杯したいと思います~

その日を楽しみに。皆さん、身体だけは大事にね(笑)

ではではのちほどお会いしましょう~♪
チャットでお待ちしております。

「六龍が飛ぶ」が5日、50部作の大長征をスタートする。

SBS創社25周年特別企画月火ドラマ「六龍が飛ぶ」が今日(5日)初放送される。キム・ヨンヒョン、パク・サンヨン作家のカムバックからシン・ギョンス監督との呼吸は、順番に公開されたアベンジャース級俳優たちまで話題を集めた「六龍が飛ぶ」がついに第一歩を踏む。

「六龍が飛ぶ」は、朝鮮の建国時期に朝鮮の基礎を築いた鉄血君主イ・バンウォンを中心とした六人物の野望と成功ストーリーを扱ったファクション史劇。 「宮廷女官チャングムの誓い」、「善徳女王」、「根の深い木」などを介して既にファン層が厚いキム・ヨンヒョン、パク・サンヨン作家が「根の深い木」以後4年ぶりに執筆する作品である。
製作陣から、既存のファンが存在する作品であるだけにしっかりとした話は保証された。最近底力が不足したり、不十分な話で視聴者たちの失望を抱かれるドラマが多かっただけに、彼らの帰還は、放送前からファンの期待を集めた。「善徳女王」と「根の深い木」の世界観を引き継ぐと予告して既存のファンはすでに熱狂している。

地上波3社平日ドラマの視聴率が全体的に低調だった状況で、前作「ミセスコップ」が月火ドラマ視聴率1位を記録して退場しただけに、バトンを受け継いだ「六龍が飛ぶ」がSBS月火ドラマ視聴率1位を継続して守る見通しである。

シン・ギョンス監督も二人の作家と共に、すでに視聴者から認められた監督である。俳優だけでなく助演、端役まで神経を使う監督だからこそ作品の完成度も格別だろうという期待を持たせる。
先立って「根の深い木」をはじめ「3Days」で演劇やミュージカルの舞台で活躍している演技派俳優たちを大挙キャスティングしたシン・ギョンス監督は、今回の「六龍が飛ぶ」も大学路で活躍している俳優たちを大挙キャスティングした。新しい顔だが、演技力が確保されている俳優たちのおかげで作品の没入度はさらに深まるものと予想される。

主演俳優たちも間違いない俳優たちでいっぱいだ。 「六龍」と呼ばれるキム・ミョンミン(鄭道傳)、ユ・アイン(イ・バンウォン)、シン・セギョン(プニ)、ピョン・ヨハン(イ・バンジ)、ユン・ギュンサン(ムヒュル)、チョン・ホジン(イ・ソンゲ)は、ドラマはもちろん映画も牛耳った俳優たち。彼らが集まり作り出すエネルギーは想像以上だ。

「六龍が飛ぶ」チームは圧倒的スケールまで保証した。大韓民国のあちこちに隠れている壮観を示すと同時に時代的背景を込めたセットなど見どころを提供する予定である。

50回、やや長いトレッキングを走って行かなければならい「六龍が飛ぶ」。しっかりとしたストーリー、巧妙な制作陣、太鼓判の俳優を中心に視聴者と一緒に楽しいレースを開始する見込みである。



それにしてもこの期待度はすごいねえ。。。

大丈夫だと思うけどさ。
心配になるぐらい盛り上がってる。。。(笑)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。