항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
개과천선:改過遷善

『改過遷善』15話 天下のキム・ソクジュ チャ・ヨンウに負ける・

1403703897_720851.jpg


過遷善「天下のキム・ミョンミン、巨大モンスターキム・サンジュンに敗れる「苦い現実」
天下のキム・ミョンミンも資本と権力の凝集体であり、巨大な怪物の前に打つ手がなかった。
キム・ミョンミンがキム・サンジュン法律事務所に敗れた。

25日の夜に放送されたMBC水木ドラマ「改過遷善」15回でキム・ソクジュ(キム・ミョンミン)とイ・ジユン(パク・ミニョン)、イ・ソニ(キム・ソヒョン)は結束して、中小企業の側に立った。彼らは銀行の側に立つチャ・ヨンウ(キム・サンジュン)法律事務所のチョン・ジウォン(ジン・イハン)と対抗し始めた。

ソクジュとジウォンは、中小企業の為替商品事件を置いて、最高裁判所全員合議体(最高裁長官と最高裁判事13人で構成され、裁判長が裁判長となる。最高裁判事全員の3分の2以上の出席と出席者の過半数席の賛成により議決する)法廷でお互いの論理で激しい気力の戦いを繰り広げた。

特にこの日の弁論は、ケーブルTVで生中継されたし、多くの国民の関心の中で行われた。しかし、この日ジウォンは切り札として、中小企業も今回の為替商品を使って投機などを図ったというように状況を微妙に追い込んだ。これは別名「論点ぼかし」であり、ソクジュは少なからず戸惑った。

結局、判決は、チャ・ヨンウ法律事務所、つまり、銀行側に有利に決定した。判事側は「一方の大きな損失があるとし、その契約自体が不当であると見ることはできない。銀行は(顧客側の)販売利益金を知らせる義務がなく、銀行が取引で一定の利益を追求することは、市場経済原理上当然のことだ」とし、銀行側は、中小企業に被害額15%を賠償するよう判決を下した。



なるほど~実際の事件もこういう結末だったのかな。。。。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。