항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
개과천선:改過遷善

『改過遷善』15話 予告編~



こですべての論争と疑惑を終了しなければならない

ソクジュ(キム・ミョンミン)とジウォン(ジン・イハン)は、中小企業の為替商問題で、最高裁 全員合議体法廷 で正面衝突する。互いに勝利を豪語するが、一方では不安もある状況....

一方、白頭グループ チン・ジノ会長は、奪われた経営権を取り戻すために不倶戴天の敵であった​​ソクジュを訪ねるが・・
.


結局ジユンもチャ事務所を辞めてソクジュの元にいくんですね。
「あの時の話は誰にも言いません^^」って脅し?(笑)
泣いても笑ってもあと2話です。
今日も集中~!!!
チャットでみなさんお会いしましょう~♪
残り少ないことですし、
よろしければ、ご挨拶だけでも交わしましょう~!(^_-)-☆


■全員合議体とは
1.裁判機関
1-1 大法院
大法院は最高法院として基本権的価値を実現ないし保護して法律に関する最終的な有権解釈を通じて法秩序の確立に寄与する法的平和保障機関としての意味を有する。大法院は民事、刑事、家庭、行政、破産など全ての争訟事件の控訴審に関する最終審であり特許法院、軍事法院の判決に対する上訴審としての機能を行う。
大法院は大法院長と大法官13 人で構成される。ただし、大法官により司法行政事務を担当する機関である法院行政処の長を補うようになっているので、法院行政処長である大法官1 人は大法院の裁判に関与しない。
大法院の審判権は全員合議体と小部(小法廷)を通じて行使される。全員合議体は大法院長が主宰して大法官全員の3 分の2 以上で構成され、小部は大法官4人で構成されるが、現在3 つの小部が存在する。
小部では構成員である大法官全員の意見一致によって裁判をし、全員合議体では出席過半数の意見に従って裁判をするが、もし全員合議体で意見が分かれて各意見が過半数に至らない時には原審裁判がそのまま維持される。
大法院に上告される事件の大部分は小部で審判する。しかし、小部で意見一致を見られない場合または次に該当する場合には、全員合議体で裁判する。

・ 命令または規則が憲法や法律に違反すると認める場合
・ 従前に大法院で判示した憲法・法律・命令または規則の解釈、適用に関する意見を変更する必要があると認める場合
・ 小部で裁判することが適当ではないと認める場合

韓国の大法院は、日本の最高裁判所と同様、いわゆる法律審であるが、法律違反や判例違反のほかに、事実問題も審理されるなど、日本の場合よりも広範囲に受理、審理がなされる傾向が強いので、注意を要する。


出典:JETRO

ええ、おわかりいただけましたでしょうか?
はあ・・・・はんありでこんな解説載せる日がくるとは・・・(*_*)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。