항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
개과천선:改過遷善

『改過遷善』は作家の流した汗が感じられる「名品ドラマ」だ。

私服ミョン20

期放送終了の記事が上がったあと、いくつか「改過遷善」の決断を残念がる記事も上がりました。
その中でもいいいなあと思う記事を訳してみます。


「改過遷善 」の早期終映が決定されたと言う。本当に残念なニュースだ。なぜなら、「改過遷善」は、最近、「チョンドジョン」と共に韓国で最も魅力的な作品だったからだ。特に最近入った「チョンドジョン」の全盛期だった「大河ドラマ イ・インニム」時代を彷彿とさせる没頭度を示していた。

「大河ドラマ イ・インニム」が政治的な激突を手に取るような具体的な記述と没頭感を最大限に引き出したとすれば、「改過遷善」は、最近の韓国の不条理を迫力たっぷりに描いて賞賛を博した。

スタートは財閥の不良社債販売の問題であった。 「改過遷善」は、大企業が不良社債販売をどのように「設計」し、実行に移すか「そこが知りたい」のような実話追跡プログラム以上に具体的に描写した。国民に不良社債を渡してお金を取りまとめ、会社を法廷管理に渡し債務を清算し、手にしたお金ですっきりした会社を再掌握するという驚くべきヒントやテクニックが繰り広げられる中、視聴者は画面から目を離すことができなかった。

今週にキコ事件を連想させる銀行のデリバティブ営業の問題まで描いた。キコ事件はその被害者が多く、国民経済上の深刻な事態だったにもかかわらず、複雑な金融問題だったので、大衆的にそれほど注目されなかった。 「改過遷善」は、今週には、大手銀行が自国の中小企業を相手に略奪的営業をしたことはないかという疑惑に正面から切り込んで行った。近年韓国ドラマでは珍しい鮮やかな描写であった。作家の作品を準備しながら流した汗が感じられる。

また、「改過遷善」は、韓国社会の慢性病の一つである法曹界のマフィアが動く過程を実感できるように描いてくれる。今回の週も、中央捜査部長出身の前官弁護士と次期長官の後輩である裁判官出身の前官弁護士の対決が描かれ、韓国社会の深層を掘り下げた。

「改過遷善」は、韓国社会のもう一つの権力として浮上した法律事務所の問題も描く。一般的な検事はもちろんのこと、長官や最高裁判事の人選まで牛耳る大手法律事務所の権力が生き生きと表現されたものである。そのような法律事務所と財閥、金融機関等がどのような塊がなって動くかが非常に具体的に、そして面白く告発される。まさにそれが韓国の素顔である。

劇中でキム・ミョンミンはいつでも虐げられて生きる庶民たちを見て「この世の中に純粋な人々がなぜこのように多いのか」と嘆く。この作品は、まさにそのような「純粋な庶民たち」のための名品ドラマということができる。

キム・ミョンミンも記憶に残る演技を見せてくれる。最初に自信あふれ見せていた彼は、記憶を失った後の声を完全に変えてまで全く別の人を演じた。まさに「大河ドラマ イ・インニム 」のパク・ヨンギュ以来、最高の演技だったと言うことができる。

総合すると、社会的な意味と完成度、演技力などすべての面で近年最高作の一つと言うことができる作品だ。最近、社会ドラマ熱風が吹いたが、その中でも「大トリ」と言うことができる。 「改過遷善」があまり注目も受けず早期放映終了に消えることが特に残念な理由だ。


정도전チョン・ドジョンはKBS1週末放映中の今人気がある歴史ドラマのようですね。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。