항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
개과천선:改過遷善

「改過遷善」11話 記憶喪失キム・ソクジュのジレンマが始まる。

20140611195205537.jpg


族の過ちの身代わりとなった婚約者のジョンソンを救えるだろうか?過去の自分のために手形被害を受けた被害者を助けることができるだろうか?キム・ミョンミンのジレンマが始まった。

6月11日に公開されたMBC水木ドラマ「改過遷善 」11回予告の写真には、ソクジュ(キム・ミョンミン)のどうすることもできない苦悩が込められている。

拘束された婚約者のジョンソン(チェ・ジョンアン)に面会する場面とジョンソンの家で運営するユリムグループが発行したCP(コマーシャル・ペーパー)のために被害を受けた人々が返金を訴える場面である。過去のソクジュはジョンソンを政略結婚相手とだけみなしていた。

しかし、頭を打って記憶を失い、自分の意志とは関係なく改過遷善した石柱は本気でジョンソンを心配する。そのようなソクジュの姿にジョンソンも心が揺れている。しかし、この両者の間に暗い影が垂れこめる。ジョンソンが家族の罪をかぶって拘束された極端な状況を迎えたこと。このようなジョンソンにはソクジュだけが唯一の避難所。弁護士である前に人間キム・ソクジュに婚約者を本気で心配して守ろうとする姿を見せている。

しかし、ジョンソンのためだけに突っ走ることもできない状況だ。ユリム証券が発行したCP(コマーシャル・ペーパー)のために多数の犠牲者が発生したこと。人生の終わりに追い込まれた力のない被害者がソクジュに衝撃となって近づいている。

特に過去の手形の発行をソクジュ自分が考え出したことだったので、責任を痛感し、現在のソクジュが知らないふりをすることもできない状況だ。加害者のユリムグループに代わって法廷に立ったジョンソンと力のない庶民の間で「双方代理」をすることもできない選択のジレンマに陥ってしまった。

果たしてソクジュがどのような方法でこの状況を乗り越えていくのか11日午後10時放送される「改過遷善 」を通じて確認することができる。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。