항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
개과천선:改過遷善

9話「インターン弁護士 初の弁護で涙」の理由

201405292255773550_53873e965790b.jpg

「改過遷善」インターン弁護士パク・ミニョンが初めて事件を弁護した後、涙を流した。

29日午後放送されたMBC水木ドラマ「改過遷善」 9回ではイ・ジユン(パク・ミニョン)が存続殺人事件(身内を殺害する事件)を弁護した後に後悔に包まれて涙を流す内容が描かれた。

ジユンはキム・ソクジュ(キム・ミョンミン)が存続殺人事件の容疑者の無料弁護を引き受けなかったため、自分が直接乗り出した。直接容疑者の面接を行って、証人を確保するなど、これまで以上に情熱を傾けた。まだ10代の容疑者が家庭内暴力の環境にさらされて育った、深く反省しているという事実をアピールしたかった。

結局、ジユンはチョン・ジウォン(ジン・イハン)のアドバイスを受け、国民参加裁判を進行した。裁判で容疑者が反省しており、彼が不遇な環境で育ったという事実を説明した。

しかし、裁判中ジユンは、容疑者を疑い始める。過去、容疑者が殺害した父親は、妻を殺した容疑で裁判を受けていた。ジユンは、殺害された父親が暴力で妻を死なせたという事実を信じていたし、これにより、容疑者が不安定な精神を持つようになったものと訴えた。

裁判中の容疑者が示した態度にジユンは疑問を抱き、存続殺人事件の容疑者はジユンが望んでいたように比較的軽い刑を受けた。ジユンは「事実、父が息子の犯罪事実を隠すために虚偽の自白をしたのではないか」という疑問を抱くようになり、最終的には自分が容疑者を弁護したことを後悔するように涙を見せた。

特にソクジュがすでにこのような事実を疑っていたので、無料の弁護を担当しなかったという事実を知り後悔する姿を見せた。


日本は「裁判員制度」「裁判員裁判」などと言うようですが
心情に訴えて量刑を軽くしようと、こういう裁判を選択したんですね。
「国民参加裁判」국민참여재판って言うのね。
ふ=ん。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。