항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
개과천선:改過遷善

ドラマ制作発表会の一部正常化。放送界、活気を取り戻すか

20140424 News


面的に中断されたドラマ制作発表会のスケジュールが再開される動きを見せている。
これにより停止してしまっていた放送界が再び活気を見つけることができるか注目される。

MBC新水木ドラマ「改過遷善」とSBSの新しい月火ドラマ「ドクター異邦人」は、来る29日午後2時製作発表会を開く。このスケジュールが予定通り進行される場合、 16日、セウォル号の惨事以来、中断されたドラマ制作発表会のスケジュールが再開のスタートを切ることになる。

「改過遷善」は30日初放送を控えているが、まさにその前日の29日にややあわただしく製作発表会を開催する。製作陣内部では、過去23日の制作発表会を開こうという議論があったが、全国民が悲しみに陥っている状況であるだけに、慎重に日程を延期したもの。

来る5月5日に放送を開始する「ドクター異邦人」は「改過遷善」のように、最初の放送日が迫っている状況ではないが、製作発表会の開催について苦心しており、このような決定を下したことが分かった。

現在KBS 2TV新しい月火ドラマ 「ビッグメン」、SBSの新しい週末ドラマ 「気持ち良い日」、SBS新しい水木ドラマ 「お前は包囲された」などの製作発表会が開かれず、これを延期またはキャンセルした状況。そんな中、二つのドラマが予定通り日程を進行すれば全面中止されたドラマ制作発表会の再開の糸口が開かれる見通しだ。

これにより、宣伝と哀悼の間で悩んでいたドラマの関係者は「改過遷善」、「ドクター異邦人」の歩みに神経を尖らせているようだ。しかし、この日程も確定したわけではなく、果たして計画通りに製作発表会を開くことができるか関心が集まっている。

一方、「改過遷善」は、巨大法律事務所のエース弁護士であるキム・ソクジュ(キム・ミョンミン)が偶然の事故で記憶を失った後、自分が生きてきた人生を振り返って事件を受任し、新たな人生を生きるようになるヒューマン法廷ドラマでキム・ミョンミン、パク・ミニョン、キム・サンジュン、チェ・ジョンアンなどが出演する。

「ドクター異邦人」は、南で生まれ北で育った天才医師パク・フン(イ・ジョンソク)と韓国最高のエリート医師ハン・ジェジュン(パク・ヘジン)が巨大な陰謀に立ち向かうメディカルスパイメロドラマ。イ・ジョンソク、パク・ヘジン、ジン・セヨン、カン・ソラなどが共演する予定だ。



そうですね。
制作発表会、開催については直前まで流動的かもしれませんね。

それと、イ・ジョンソク君のドラマ、「メディカル+スパイ+メロウ」3つも要素が入っているんですね。
初めて聞きました。(^^ゞ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。