항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
개과천선:改過遷善

『改過遷善』人物紹介

キム・ソクジュ

キム・ミョンミン(キム・ソクジュ役)
優れた能力を持った冷徹な弁護士だったが、一瞬にして記憶を失って、自分のアイデンティティーを再び探していくことになるキャラクター。記憶を失う前と後、冷静と情熱を一緒に抱いたのはもちろん、その間の複雑な内面の変化を消化しなければならないキャラクター。記憶喪失症にかかった後、自分が身を置いた法律事務所を相手に戦いを繰り広げる過程を描いてまじめさと少し抜けている面を行き来する多彩な魅力を披露する予定

キム・サンジュン

キム・サンジュン(チャ・ヨンム役)
勝利のためにはない法律を作ることもできる能力と野心を持った人物。
チャ・ヨンムはキム・ソクジュが記憶を失った後も、会社のエース弁護士であるソクジュを保護しようとしたが、ソクジュが以前と違う態度で事件を受任すると、だんだん彼と対立するようになる人物。法曹界で現在のキム・ソクジュを作った「父」のような存在だが、記憶を失ったソクジュが、自分の利害関係と別の道を歩もうとした瞬間、彼と葛藤を生じさせることになる予定

パク:ミニョン

パク・ミニョン(イ・ジユン役)
2類のロースクール出身でチャ・ヨンムが運営する法律事務所のインターンとしてキム¥ソクジュのアシスタントの役割をする人物。一度目標を決めれば程度を逸脱することなく最善を尽くして努力する愚直さと考えなしに突進する性格を持ったキャラクター。自分の能力とスペック的には「弁護士として生き残るのは容易ではない」ということを知っていながらも、法と正義の信仰を捨てないしっかりしている人物

オ・ジョンセ

オ・ジョンセ(パク・サンテ役)
さほど法曹界に興味がなかった人物だが、法曹家の出身であるがゆえに自然に弁護士になったキャラクター。弁護士として記憶を失った長年の友人であり、法律事務所の同僚キム・ソクジュと何でも言い合える友情を分かち合う。劇中バク・サンテはキム・ソクジュと互いに辛らつで配慮のない毒舌とストレートな会話をやりとりをすると思えば、自然に会得してきた法曹界での生き抜く術を通して、記憶を失った友人に必要な助けをすべて与えるガサツだが親切な男だ。
※当初イン・ギョジン氏出演予定でしたが、急きょ交替となっております・・・

イ・ミニョク

イ・ミニョク(イ・ジヒョク役)
イ・ジユンの弟

ジュヨン

ジュヨン(イ・ミリ役)
イ・ジユンの友人で、活発ではばかることのないキャラクター。キム・ソクジュともつれた特別な縁で劇に活力を吹きこむ活発なキャラクター

アン・ソニョン

アン・ソニョン(イ・エスク役)
姪であるジユンがチャ・ヨンムの法律事務所に就職するや、これを自慢げにするイ・ジユンの叔母

キム・ユンソ

キム・ユンソ(チョン・ヘリョン役)
新人女優役 キム・ソクジュと対立

キム・ソギョン

キム・ソギョン(ソギョン役)
アソシエイト(雇われ)弁護士 別名イソ弁。間抜けだが、情熱あふれる弁護士。

イ・ムンジョン

イ・ムンジョン(?)
アソイエイト(雇われ)弁護士。別名イソ弁。主人公 キム・ソクジュを助ける予定。

婚約者3

チェ・ジョンアン(ユ・ジョンソン役)
財閥家の孫娘で能力のあるキム・ソクジュの政略婚約者。表面上は財閥家の人物として、華やかで、すべてが備わっているように見えるが、祖父から苦労して認められた孫娘であるだけに、痛みも抱えていいる人物。記憶を失ったソクジュが、自分との婚約を「愛」だと思うと、慌てながらも彼を見守るようになる人物。ユ・ジョンソンもソクジュが引き受けた事件に関与するようになる。

キム・ソヒョン

キム・ソヒョン(イ・ソニ検事役)特別出演
「女優チョン・ヘリョン性的暴行事件」を起訴した検事。
財閥家の子弟が関与した性的暴行事件も臆することなく事件を調べていく女検事だ。


の~、今日NAVER見たら、話数が18回となっておりました・・・・ムムム・・・
何が本当なのか最後までわからない韓国ドラマ界・・・むむむ・・・

キム・ソクジュ弁護士は記憶を失ってから少しコメディ要素が入ってくるのかな。。。

そして、このドラマ、キャスティングがかなり難航してるんですね。
女検事役の方は今日発表となってます(*^_^*)

ではでは今夜も夜11時にパソコン前で~♪
予告編第2弾がお目見えらしいですよ^^

ファイティン!

サランハギから情報お借りしました(^_^;)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。