항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
インタビュー翻訳

「私は俳優だ」インタビュー翻訳その③(完)

ドラマチック2007
*「白い巨塔」以降、みょんたん垢ぬけましたね☆

「私は俳優だ」キム・ミョンミン編の最後に2007年度のインタビューが
おまけでついていますのでそちらを訳してみました。

最後に記者さんが一言、
「キム・ミョンミンさんと友達になりたいです!」

すべてはこの一言で言いつくしてくれますね。
ナドゥ、ナドゥ、私も(*^_^*)


そして、本の推薦文というのが裏表紙にあるのですが
何気に見たら、なんとミョンミンさんと一緒に映画を作った監督が二人も
推薦文を寄せてらっしゃいます。

おひとりは「ネサラン ネギョッテ」のパク・チンピョ監督
「俳優の名声や前作の成功などがキャスティングにの基準になることはないです。
私は俳優から彼だけが持っている香りと本質が見える時、信頼それ以上のものを
感じます。この本は読者にそして第一線の制作者、監督、演出家にも彼らだけの
香りと本質を発見する一つの端緒になるでしょう。」


もう一人は「ペースメーカー」のキム・ダルチュン監督。演劇演出家となってます。
「良い俳優は鮮明な彼だけのカラーを持つようになるものだ。ある定型化された
イメージに縛られず俳優個々人が持った個性をうまく引き出した、俳優と疎通する
インタビュー集」


この本が2010年12月発行なのでどちらもミョンミンさんとお仕事した後って
ことですね。きっと。


それではイタンビュー。
私はこれを読みながら、そうかあ・・・そうかあ・・・
なんかね。う~んとうなってしまいました。
ドラマではうまく行ったけど、映画ではまだ納得がいかない・・・
という部分と、キャラクター選択基準。
この二つの質問に対する答えは今もミョンミンさんにとって
課題なんだろうなあ。

ま、短いですから読んでみてくださいまし・・・(^^ゞ


+<白い巨塔>終了後、アン・パンソク監督との対談中から。



<白い巨塔>以降にドラマというジャンルに対して愛情というか、違うようになった部分がありますか?

ドラマに対する愛情はもともとありますし。もちろん映画に対する愛情もそうだし当然ですが、実際ジャンルの区分はだんだん薄まっていくようです。ただある人物を演技することにおいて波長というか、精神的余波はドラマがさらに大きいようです。普通映画がどんなに長くてもその人物として生きる期間はそれほど長くはないです。あるケースでは3日間で起きることのために僕はその人物と一緒に生きていくのが3日ということでしょう。ドラマのような場合、チャン・ジュニョクをたとえば、副教授から科長になるまで何年か流れていくんでしょう。なので僕はその期間ずっとその人物の世界に入って行き何年もともに生きたんですよ。だから終わって残るものも遥かに大きいでしょう。ある一人の人物を表現する時において、映画の1時間50分がちょっと短いように感じる時があります。だから解けない葛藤があります。

キム・ミョンミンさんは今後どのような役を演じたいですか?これを本当にやりたい!

そういうものは、以前はありましたが今はよくわかりません。僕がシナリオを見る視覚はある料理人の感覚であるようです。材料をどれだけ与えてくれるかを見るんですね。あるシナリオは3つだけ与えて料理しろと言い、あるものは10個与えてくれて料理をしろというんですよ。チャン・ジュニョクのような場合は料理の材料がものすごく多かったキャラクターだったでしょう。料理人の立場で、です。人間の多様な面を単純に一直線上にだけ描いておいたキャラクターがあります。そのような場合は俳優が自分でさらに作って演じなければならないと言うんですが、限界があります。一人でそのようにできるはずもないでしょう。でもチャン・ジュニョクの場合はそのようなものが全部ありました。人間が持った欲望や悲しみ、辛さ、そのようなもがきが生きているのが全部見えます。そのようなのは10個以上の材料を与えてくれるもので、料理人が包丁を持ってかなり楽しく料理をできる役でしょう。でもあるシナリオの場合はちょっと物足りないです。これをどうやってやるんだ?と思うのがあるじゃないですか。だからシナリオを見てもわざとそうすることではないんだけど、スリラーにかなり手が伸びるんでしょう、人物がどこか複雑で。頭の中で何を考えているかも分かるようだし、やることが多く感じるようですね。


元々俳優のイメージが強いからなのか、少し重くて、真面目過ぎる人だろうと思っていたキム・ミョンミンに対して、私の先入観はすぐに飛んで行ってしまった。情けなくも、目に見えるものだけ見ていたようだ。彼はトレンディ メロードラマで<男優1>を引き受け、たくさんの女性たちのロマンになるのに十分なだけでなく、かっこいい男性であり、(本当に俳優とは色々なチップをくっ付けられるたびにそれぞれ異なる人にならなければならないという彼の喩はあまりにも適切だった。少しスタイリングして表情だけ変えても彼は何となく他の人のように見えるのだ。)また、あまりにも粗っぽいという噂のあの芸能界というところで10年も生活していきたというのが想像できないぐらい気さくで人間的だった。もう長い言葉は必要ない。「彼と友達になりたいです!」この一言があれば十分ではないか?名前のように明敏で、また厳しくありながらも暖かいこの男。いったいこれ以上もっと良い人がいるのだろうか?

文:パク・ヒョンジョン/写真:キム・ヒョンソン dramatique #003

無断転載を禁じます。
翻訳:SAMTA 2013年9月23日
ドラマチック2006_samta2_500




4 Comments

thoven says..."翻訳、お疲れ様でした!"
長~い翻訳ありがとうございました。感謝感激です♪

現在、ミョンミンニムの話題がほぼ無い時期でしたから、
インタビュー記事を読んで感慨深く感じてしまいました(つд`)

そして、これを読んで『不滅の李舜臣』をまた観たくなりました。
特に60話~要チェックでございます、チャングン!

最後に・・・
私も是非是非「お友達になりたい!!」です(笑)←ムリッ

2013.09.24 15:46 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
thovenさん

長~いのに読んでくださってありがとうございます。

確かに、今みょんたん、凪凪凪・・・・・静か過ぎますよね。
新しいものが出てこないなら
古いものをひっくり返し~
まだ訳してないものもあると思いますので
見つけたらまたアップいたします~☆

フフフ。
お友達なりたいですね!
でもファンはその前に「家族」だとおっしゃってくださることでしょう~☆
(^_-)-☆
2013.09.26 22:51 | URL | #fyi.zixU [edit]
アップルアヤコ says...""
SAMTAさん♡あんみょんです♡

長い翻訳、お疲れ様でした~!!
じっくり読ませていただきました(*^^*)
こんなに長いミョンミンさんの記事を日本語で読めるなんて(T_T)
感動しました!!SAMTAオンニ~尊敬します(T_T)サランヘヨ^o^
ミョンミンさんって本当に正直で純粋で真っ直ぐで心が綺麗で美しい!!
思っていることを惜しみなく話して下さいますね・・・
改めてミョンミンさんにメロメロとなりました!!
私は山賊の話がツボにハマりましたが^m^(笑)
記者さんまでも虜にするミョンミンさんのお人柄が本当に素敵です~(≧▽≦)
2013.09.30 00:07 | URL | #sj93pB3o [edit]
SAMTA says...""
アヤコちゃん

>ミョンミンさんって本当に正直で純粋で真っ直ぐで心が綺麗で美しい!!

ほんと、その通り。
私も久しぶりに長編訳してファンになったころのことがよみがえりました^^
こんな人はほかにいないよね。

アヤコちゃんも次回は頑張って訳してみてね☆
それはそれで楽しいですよ♪

2013.09.30 12:13 | URL | #fyi.zixU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。