FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
불량가족不良家族

まりこの「オ・ダルゴン作戦」その7

踊り狂うダルゴニ

よいよドラマの方も終盤に向けて盛りあがってまいりました。
まりこさんの「オ・ダルゴン作戦」ほふく前進作戦も
特別体制に入った模様であります!

しっかし、この踊り狂うアジョッシ!
見事としかいいようがありません。
子供の頃、幼稚園の先生に「舞台気質がある」と言われただけのことはあります。

半年前までこのお方だったのに・・・・・
チャングン


まりこよりご挨拶
物語は進展し一平卒は大喜び。一方の隊長はヤンアを案じ面白くありません。
相変わらず隊長は辛口ですが、どうか大目に見てやってくださいmーーm
どこまでもベバから抜け出せない二人ではありますが、お付き合い願えれば幸いです!


『オ・ダルゴン作戦⑦』

一平卒(以下、一):「ぷ、ぷ、ぷ」
隊長(以下、隊):「何だ。プリンが食いたいのか?」
一:「違うのであります!ぷと言えば」
隊:「プール?」
一:「カナヅチであります!」
隊:「プランター?」
一:「ベランダに観葉植物をいっぱい置きたいのであります!ちなみに欧米と日本では
ベランダとバルコニーのランクが全く逆とのことであります!これが本当なら正しい使用例は
『うちのバルコニーは洗濯物が干せる』であります!・・って隊長、話がずれているのであります!」
隊:「ずらしたのはお前だろ!だから『ぷ』が何だ。」
一:「プロポーズであります!タルゴンがヤンアにプロポーズしたのであります!」
隊:「言われなくても知っているさ!あぁ、ついにこの時が来たか。」
一:「あぁぁ・・・悲恋悲話率の高さを誇る王がついに!」
隊:「ふん。お前がされた訳ではないだろう。」
一:「ノ・アナはタルゴンが用意した決め文句に注文をつけていましたが、
小生ならどれでもいいのであります!」
隊:「残酷な男だ。こいつに儚い夢を見せるとは・・。」
一:「二人はヤンアに金の指輪を選んでいたのでありますが、チョン・ギドンはシルバーでありました。
韓国ではどちらが主流なのでありましょうか。」
隊:「言われてみれば、韓ドラで婚約指輪らしきものをみたのは初めてだな。」
一:「我々は時代劇率が若干高いのであります!」
隊:「知るか!文句ならN○Kに言え!」
一:「しかしよりにもよってプロポーズするところを子供達に見られてしまうとは、タルゴンも
ついていないのであります。」
隊:「チャン先生の『ほらな、イカレてるだろ?』はナイスフォローだ!」
一:「確かに!ヤンアに『ナリムに悟られないように用心しよう』と言われたタルゴンはデレデレしていて、
ちょっとかわいかったのであります!」
隊:「お前はああいうしまりのない男が好きなのか?」
一:「もちろんタルゴンだからであります!」
隊:「あんな色気のない男のどこがいいのだ。仮にも恋人の背中を掻きながら『フロに入ってるか?』
なんて聞くか?しかもヤンアの涙を拭うあの手つきは何だ。不慣れにもほどがある!」
一:「あれはあれでいいではありませんか!どうして隊長はケチばかりつけるのでありますか!」
隊:「ふん!チョン・ギドンに先を越されて焦った挙句、手品で再挑戦するのかと思えば
口からベロベロと・・何だあれは!我々を笑わせてどうする!普通はカッコつけるものだろ!」
一:「仕掛けも丸見えでありましたが、タルゴンらしくていいのであります!それに女性には
ああいうのが意外に効くのであります!」
隊:「そ、そうなのか?」
一:「そうなのであります!」
隊:「ふ、ふぅん。」
一:「(ニヤリ)チョン夫婦のために皆で協力して合同結婚式を申し込むとは、良い人達であります!
微妙なヤンアとタルゴンがカワイイのであります!」
隊:「タルゴンはそもそも大人気ないのだ。貧乏だからと言って携帯をタダでゲットするために
子供と張り合うか?」
一:「コメディーだから許されるのであります!『かわいいちびっこと大の大人、はいおじさんです!』
『4人のちびっこといい大人が大熱戦です!』には爆笑したではありませんか!」
隊:「ほぉ。ジャージャー麺の早食いはともかくフラフープにダンス対決だぞ?」
一:「あのガッツはすごかったのであります!コツは“掃除機のように吸いこむ”であります!
それに叔父さんはイマイチ音感がなさそうで心配でありましたが、なかなかイカしていたのであります!
小生すっかり騙されました!さすがにミョンミンssiの特技がジャズダンスというのも納得であります!」
隊:「ほぉぉ。お前がヤンアならあそこにいられたか?」
一:「うっ。愛が・・愛があれば平気であります!タルゴンssiーっ、サランヘヨー!」
隊:「まだあるぞ。水族館へはヤンアのために連れていったのに、タルゴンは子供のようにはしゃいでいたな。」
一:「それが都会の海であっても、海は人を素直にさせるのであります!はしゃいだり固まったり、
カワイイのであります!」
隊:「タルゴンのような男でも『背中をかすだけじゃ損だろ?』とムードのあるシーンになるとは
さすがに韓ドラだ。」
一:「遊び人よりはるかに、いえ最っ高にマシであります!ああいう人が世の女性を幸せにして
くれるのであります!まったく!タルゴンとヤンアをもうちょっと祝福したらどうでありますか!」
隊:「ふん!!」
一:「隊長・・それは親心と言うやつでありますね?いくらそういう世代の気持ちが分かるからと言って、
ヤンアを案じる気持ちも分かるのでありますが」
隊:「だから私をオヤジ扱いするな!誤解される!!大体お前はあの二人を追ってばかりではないか。」
一:「そんなことないのであります!コンミンは本当にいいお兄ちゃんであります!ナリムを妹のように
可愛がったり、ナリムのために髪の色を変えたり、どうしてそこまでできるのか不思議でありましたが
やっと理由が分かったのであります。」
隊:「もらい子と分かれば家出しても無理ないな。」
一:「同感であります!」
隊:「我々は動機が不純なせいか主人公達に目が行きがちだが、このドラマほど家族の在り方について
考えさせられるものもない。『もらい子でも実の孫でも構わない。いたわり合って暮らせば家族なんだよね。』
『祖父のうそを守ってやりたい』は、愛がなければ言えないセリフだ。名言だ!」
一:「偶然集められたこの家族も、境遇は似たもの同士ばかりであります。血が通っていても思いやりが
なければただの同居人であります!」
隊:「お前もなかなかいいことを言う。うちの親父に聞かせてやりたいくらいだ。」
一:「それはやめた方がいいのであります!」
隊:「そういう事なかれ主義はお前とそっくりだ!お前に比べてコンミンは性格もいい上に商才もある。
あれは大物になるぞ!」
一:「小生、コンミンに教えられたのであります。諦める前に挑戦することが大事なのでありますね。
ヤンアからも教わったのであります。発想の転換も生きていくうえで大事であると。そうすれば、
人は日々の暮らしに喜びや癒しを得ることができるのだと。空を海に、鳥を魚に変えるとはすごいのであります!」
隊:「二人の考え方は柔軟でいい。それにひきかえハ社長は見ていて気の毒になるほどだ。」
一:「因果応報の、特に大金が絡んだ話を聞くとホラー以上に身の毛がよだったりするのであります!
周囲まで巻き込まれるケースは悲惨としか言いようがないのであります!」
隊:「仕方ない。タダで済むと思っている人間ほど、こればかりは経験しないと分からない。ハ社長には線香の一本でもあげてやろう。」
一:「物語もいよいよ大詰めでありますね。ナリムが運ばれた病室で見せたタルゴンの横顔はしびれるほど
カッコ良かったのでありますが、それが却って別れを象徴しているようで小生、無性に切なくなった
のであります!やっと家族らしくなってきたのに。食卓がその象徴であります。悪態をついていた
おばあちゃんも、貫禄がついてきたと思ったのに・・。」
隊:「へこんでいる場合か。ラストスパートをかけるぞ!こういう時はあれだ!」
一:「はい!隊長!」
隊:「オレ達はー?」
一:「特別予算編成隊ー!」
隊:「編成隊はー?」
一:「雑草だー!」
隊:「雑草はー?」
一・隊:「強い!ファイト!頑張るぞー!!」
(続く)

5 Comments

Soon says...""
ファイト~ 一平卒殿のおもしろおかしくに励まされ 今日も一日終えて 
パソコンの前に陣取っておるSoonであります。
作戦もいよいよ終盤でありますか?次回はどんな展開になっておるのでしょうか?
このまま行軍を続けていただくわけには参りませんでしょうか?終わらないでー!
すっごく毎日楽しみにしておるのであります。
でもドラマには終わりがあるのね。
無念であります。べバの最後ぐらい無念であります。うっうっ…
以上 涙で敬礼!! (なんでもう最終回みたいなコメントになったのかしら ヤダー) 

2010.05.19 22:21 | URL | #- [edit]
一平卒 says...""
大尉、サービスカットをありがとうございました。
将軍のお姿を拝し、小生背筋もぴんと伸びる心持ちであります( ̄ー ̄)ゞ
あのダンシング・タルゴンとまさか同一人物とは、誰も信じないでありましょうね~。
人とはこうも変われるのか・・それにしてもあのダンスはナイスでありました!
いい大人が子供相手に張り合う姿も傑作であります!以上、敬礼!( ̄ー ̄)ゞ
2010.05.20 06:39 | URL | #n.R1x1CA [edit]
一平卒 says...""
Soon殿、いつもお読み頂きありがとうございます( ̄ー ̄)ゞ
そのように悲しんでもらえて小生もまりこも幸せ者であります。
頂いた最高の賛辞を、小生絶対に忘れないのであります!
思えばあっというまの旅路でありました。仰る通り、次が最終話であります。
その展開は・・お話してしまったらおもしろくなくなっちゃうので
やっぱり内緒ということで☆
駄文ではありますが、楽しんで頂ければ幸いであります!以上、敬礼!( ̄ー ̄)ゞ
2010.05.20 06:49 | URL | #n.R1x1CA [edit]
一平卒 says..."追伸であります!"
Soon殿、やはり追伸させてほしいのであります。
小生もSoon殿がそうしてくださったように、この報告書を読んでコメントをして頂いたものを
拝見することを楽しみにしておりました。
この掲載が終わればせっかくできた数少ない楽しみがなくなってしまい、
小生もほんとはがっかりであります。
さりながら、楽しみはつくるものであります。
小生はジャンルを問わず、これからも自分が楽しめるものにアンテナをビヨンビヨンとのばして
探し続けて行きたいのであります。これぞ!と思うものがあったら
こういう場をお借りしてでもSoon殿にお知らせできたらいいなぁと思うのであります。
どうかSoon殿も「これは!」と思うものがあったら小生に教えて頂きたいのであります!
人生はおもしろおかしく生きるもの。お互いに毎日お腹を抱えて笑えるものを探して行きましょう!
以上、敬礼!( ̄ー ̄)ゞ
2010.05.20 10:42 | URL | #n.R1x1CA [edit]
Soon says..."追伸ありがとうございます!!"
一平卒殿! なんとありがたいお言葉身に余るのであります。
笑いは力なり! それを胸にがんばるのであります。
ミョンミンさんを好きになってよかったのであります。
皆様に出会えて とてもよかったのであります。
かなり前向きになってきたのであります。
最終話楽しみにしております。(終ちゃうのね~v-356
以上 敬礼!!(って 私 まじに敬礼してるパソコンに…)
2010.05.20 21:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。