FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
불량가족不良家族

まりこの「オ・ダルゴン作戦」その4

不良家族7_8

いや~ 
このところサービスカット探しが妙に楽しくなってきているSAMTAでごじゃいます(^_-)-☆

舞鶴WHITE 
韓国焼酎だったんですね☆知らなかった
美味しそうだなあ。今度飲んでみよっと^^「舞鶴WHITE」。



まりこよりご挨拶
春の嵐に巻き込まれ、隊長がついに暴走します。暴言も連発しますが、そんな隊長に天罰が下ります。
こんな奴ではありますが、どうか許してやってください・・。二人が話しているOST「家族」は
後に詳しく知ることができました。あれは本当にいい曲ですね。
今回も最後までお付き合い願えれば幸いです!

ナリマとアンニョン

天使のルミ 
いくらサービスカットとは言え、焼酎の写真の下にルミの写真は置けなかったのであります!(^^ゞ

『オ・ダルゴン作戦④』

一平卒(以下、一):「( ̄〇『 』) おぉ、海は大荒れ。隊長のカンが当たっちゃった(実話)。
しかもその正体が春の嵐だったとは!よりにもよって行楽シーズンの日本各地を直撃するとは、
何と無慈悲な・・。」
衛生兵S(以下、衛):「保証しろ!保証しろ!」
一:「?衛生兵達は何をあんなに怒って・・。こんな時に隊長はどこに行ったのかまったくーー、
隊長!どちらでありますかー、隊長ー!」
隊長(以下、隊):「うるさいぞ~、一平卒ぅ~。」
一:「うわっ!何ですかこの有様は!」
隊:「悪かったなーー」
一:「夜景を肴に一杯でありますか・・それにしても何がこんなに散らかっているのでありますか?」
隊:「お前も食うかぁ?」
一:「こ、これは!まさか・・まさか衛生兵達のお茶請けでは・・!」
隊:「結構隠し持ってたぞ~。」
一:「何ということを!よりにもよって衛生兵達の生命線を巻きあげるとは・・それが良家のご子息の
することでありますか!」
隊:「何だとぅ?もう一度言ってみろー!」
一:「しっかりして下さい隊長!やっと折り返したばかりだと言うのに!」
隊:「まるでこの酒のようだ・・」
一:「へ?」
隊:「一口飲めばまろやかで奥深く広がっていく・・だが後から強烈な後味が襲ってくる。」
一:「隊長・・カッコつけてるところを申し訳ないのでありますが、多分愛飲家には下戸だとバレる
コメントであります!無理はしないほうがいいと思うのであります!」
隊:「悪かったな、どうせ俺は下戸さ!・・どうしてオ・ダルゴンは都落ちしなければならないのだ。」
一:「み、都落ち?また渋い言葉を・・確かにソウルは韓国の首都でありますが。」
隊:「幼いころ乾パンを手に捨てられた子供がようやく、ようやく擬似でも家族というものを知り、
あの家族も偽物から本物へと変わる予感がしてきたというのに・・ヤンアの家族とも芽生え始めた絆を
ああも踏みにじるとは・・!しかも都落ちが条件だと?あの社長だけは許せん!」
一:「え?いつの間に隊長はタルゴンにのめり込んでいたのでありますか?」
隊:「しかもナリムとの絆は格別だったのだ!タルゴンは境遇の似た幼いナリムに、かつての自分を
重ね合わせていたはずだ。始めはそんなナリムに、ロボットのように手を振っていたのが段々様に
なっていく姿を見るたびどれだけ心動かされたか!ナリムが遭難したときも、いなくなったときも
あれだけ必死に探し回ったのはカネの為ではない!ナリムと別れるとき『抱きしめてくれ』と
言わなければならなかったタルゴンの辛さを思うと・・ナリムが無邪気で余計に辛い!
大体あのシーンで流れるスローな挿入歌は何だ!(*1)意味が分からないせいか余計に泣ける!(T□T)」
一:「小生も辛かったのであります。ヤンアから貰ったストラップをいじりながら幸せそうに
微笑んでいたのに、どうしてたった一人背を向けてソウルを去らなければならないのか・・。
ここぞと流れるピアノの音が胸を打つのであります!せっかくヤンアがプレゼントしてくれた服を着て
精一杯家を改装したというのに。家族を守るためとはいえ、あまりにもタルゴンが可哀想なのであります!(T□T)」
衛:「保証しろ!保証しろ!」
隊:「黙れ!この『フン の かた』」
一:「のぉーー!やめてください隊長!あ・・あまりにも似ていなくて衛生兵達がドン引きしているのであります!」
隊:「ふん!」
一:「この非常時に何ということを!あれを言っていいのは世界中探してもあのお方だけであります!」
隊:「なにがあのお方だ!ルミの大きな愛を拒んだ男だぞ!」
一:「・・それは言わない約束であります!」
隊:「いーや、俺は何度でも蒸し返すぞ!いいか、ああいう男を好きになる女が現れること自体奇跡だ!
世界中探し回っても他にはいない!カンマエを見下ろすルミの顔・・あれはもう女神そのものだ!
それをあの男は・・!」(*2)
一:「確かにあの時のルミの美しさには息をのみましたが・・ちょっとだけ言ってることがヤバイのであります!」
隊:「・・お前に何が分かる。」
一:「へ?」
隊:「お前に何が分かる!あの愛の素晴らしさはお前に到底分かるまい!耳が聞こえなくなるという辛い
現実の中で、誰かに支えてもらいたいという想いを捨て愛する男のために身を引くことがどれ程すごいことか!
あれぞ無償の愛だ!二人の愛を見届けるまでは死んでも死にきれん!そもそもどうしてお前は
あんな男の肩を持つ!」
一:「あんな男とは何でありますか!カンマエは韓国が誇る世界最高峰の指揮者であります!」
隊:「何が最高峰だ!あんな口も性格もキツイ」
一:「た、隊長!決して言ってはならない禁句を・・!」
隊:「笑わせるな!あんな・・フゴゴゴゴ!(何をする!この手を離せ!)」
一:「絶対に離さないのであります!」
隊:「フゴゴッ・・ぷっ。」
一:「?」
隊:「おぇっっ」
一:「カンマエを悪く言ったバチが当たったのであります!あ~あ、隊長まで大荒れとは・・。
一体何を飲めばこんなに酔っちゃうのでありますか。なになに、“原産 韓国”へぇ~韓国のお酒でありますか。」
隊:「い、一平そ・・紙・・」
一:「え?『舞鶴 WH○TE』?」
隊:「ゲロゲロ・・(以下自粛)」
一:「・・重症っすねーー、隊長・・。」
(続く)

*1 不良家族OST「家族」
*2「ベートーベンウィルス」第9話より

8 Comments

Soon says..."お察し致します…"
一平卒殿 やってきたのは春の嵐でしたか。気になることが一つ解決し ホッと致しました。
それにしても 隊長殿は荒れていらっしゃいますねえ…
お察し申しあげます。 無念なのは私も同じこと”指輪もあげたのに エー どういうこと~”とあの時は 無数の怨念にこもった声が沼中に響き渡ったに違いありません。
しかしながら それと同時に あの一人去っていく非道な背中に”よっ 男前!”とうっかり声をかけてしまった迂闊な自分もいるのであります。
あれっ ダルゴンどうしましたっけ?忘れかけてる?
そうそう あの川縁で壊れ物でも抱くようにナリムを抱きしめるダルゴンもとっても男前でありました。
あっ! 申し訳ありません。私も敵の術数に嵌りかけております。やはり手強い奴です。
隊長殿 お気を確かに!一平卒殿 後はよろしくお願いするのであります。
以上 敬礼!!
2010.05.12 23:43 | URL | #- [edit]
niko says...""
あんみょん^^

隊長殿のダルゴンの心境解説に「そうよね~。やっぱりそうよね~(-u-)”」
とひたすらうなずくのみ。
続編、楽しみにしてます~~(^^)/

Soonさんと同じく、私も『その指輪を持ってこれからどうする?!待つの~??いつまで~??』とテレビに向かって話しかける勢いでした(^^)

あ、そうそう!K-POPに合わせてミョンミンさんがいっぱい登場するあの歌、
ベバのサントラでも歌っていた『少女時代』というユニットで、題名は『Oh』ではないかと・・・、K-POPに詳しい友人からの情報です^^
ベバからのつながりで、あの曲に合わせたのでしょうか♪
2010.05.13 12:38 | URL | #Q/8iztR6 [edit]
さらん says..."まりこさん、よろぶん、あんみょん♪"
隊長殿、一兵卒殿、改めてご挨拶申し上げます。

私も、ダルゴン&ヤンアカップルに打ち抜かれ、その後カンマエ&ルミの
甘いのか甘くないのかもどかし過ぎる関係に、悶々と苦悩している者でございます。

それでも、あのカンマエでさえ陥落寸前のルミの捨て身攻撃を思いだしながら、
妄想の世界では、幸せな生活を送るカンマエ&ルミの姿で楽しんでます(笑)

「いつか旅行に行くとしたら、ドイツは避けなきゃいけないですか?」の問いかけに
「アジグン(まだ)・・・」と呟いたにも関わらず、
その後、あの指輪を渡す時のカンマエの閃いた!という表情v-10
それを見た時、きっとそう遠くない将来、2人はまた出会って、今度はもう少し近づけるんじゃないかと、希望を持ちました。

ってか、そうなってて欲し~~e-442
2010.05.13 15:27 | URL | #PSnYe7JY [edit]
一平卒 says...""
SAMTA大尉
大尉、この度もサービスカットをありがとうございました( ̄ー ̄)ゞ
このお酒は通な方(http://hibiruten.com/blog/2007/11/post-359.html)によれば
牛乳割りでもOKとのこと、さりながら下戸な小生にはその良さを確かめるべくもありません・・
勇気のある方は自己責任でトライして頂ければと思うのであります!
ちなみに小生は、隊長とこの焼酎との切っても切れない関係は、
坂本冬美がカバーしたあの名曲のサビにぴったりだと思うのであります!
『♪また君にぃ~~~~恋してる いままーーでよ~りもふぅ~~かく♪』 以上、敬礼!( ̄ー ̄)ゞ


SOON殿
今回もお読み頂きありがとうございました( ̄ー ̄)ゞ
まったくうちの隊長はゲコゲコな下戸のくせに飲みすぎなのであります!あの惚れこみようは重症であります・・。あの隊長の無念はまりこそのものでありましたが、やはりこれは全国に広がるミョンミン沼にも淀んでいるようでありますね。
まりこなどカナヅチのせいかベバのことになると、沼にどぼんと落ちたまま浮かんでこない始末であります。
しかし・・このドラマも折り返したというのに、どうしても我々はベバから抜け出せずじまい。
SOON殿が混乱されるのもムリないのであります。
ちなみに小生も、川縁での出来事には心打たれたのであります。どう見てもタルゴンはナリムの叔父ちゃんでありましたね。
あんな隊長にも関わらずお気遣い忝いのであります!以上、敬礼!( ̄ー ̄)ゞ
2010.05.13 21:35 | URL | #n.R1x1CA [edit]
一平卒 says...""
niko殿
お読み頂きありがとうございました( ̄ー ̄)ゞ
あんな辛口にも関わらず、隊長の意見にご賛同頂きまことにありがたい限りであります。
ここにも同志がまた一人いらっしゃったのでありますね。
ああ、ミョンミンの森の奥でこだまする無念の声が
聞こえてくるようであります・・。
ちなみに話題にされているその曲は少女時代の歌でありましたか!
小生もベバでは少女時代のテヨンちゃんが歌う「聞こえますか」の歌詞にいたく感動したものでありました。
ちなみにテヨンちゃんは少女時代のメインボーカルだそうであります。
小生もベバつながりだと思うのであります♪
niko殿におかれては次回を楽しみにして頂き、大変ありがたいのであります!以上、敬礼!( ̄ー ̄)ゞ


さらん殿
ご挨拶頂き恐縮であります。こちらこそよろしくお願い致します( ̄ー ̄)ゞ
未熟な報告書にも関わらず、お読み頂きありがとうございました。
我々もカンマエとルミの何とも言えない展開に、混乱の日々を送った一人でありました。
さりながらさらん殿とまったく同じで、まりこの中でもあの二人は幸せになっているのであります☆
まりこも、あの時のカンマエの閃いた!という顔に二人の未来を感じたと申しておりました。
我々はまだ希望を捨ててはいないのであります。
あんな強烈な指揮者を視聴者や業界が放っておくはずがないのであります!
悲願「ベバ2」!! 以上、敬礼!( ̄ー ̄)ゞ
2010.05.13 21:37 | URL | #n.R1x1CA [edit]
一平卒 says...""
リデア殿
今度もお読み頂きありがとうございました( ̄ー ̄)ゞ
お褒めの言葉を頂き、大変恐縮しているのであります。
下戸のまりこがこのお酒に巡り合えたのは奇跡であります!
ちなみに、まりこが手にしたのは緑のミニボトルでありました。
小生もトイレのシーンは大好きであります。その話をしたかったのに、うちの隊長はまったく・・!
ちなみに我々の関係は非常にややこしいのでありますが、隊長と小生は兄妹であり、
まりこは我々の連れであります。
小生が小生と名乗るのは、我が隊の規律によるものであります。紛らわしいことこの上ないのでありますが、
お付き合い願えれば幸いであります。いつも応援ありがとうございます!以上、敬礼!( ̄ー ̄)ゞ
2010.05.13 21:38 | URL | #n.R1x1CA [edit]
SAMTA says..."少女時代のOh!日本語字幕"
nikoさん あんみょ~ん!
情報ありがとうございます。さっそく検索。
http://www.youtube.com/watch?v=zviwUPCoZNU&feature=player_embedded

こちらのユートゥベで日本語字幕付き見れます!!!
少女時代、かわいいですね~。
「前のあなたが知ってたわたしじゃないのよ☆」フフ。
確かにパサのミョンたんはかな~り違います(*^^)v
2010.05.14 00:14 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
ヨロブ~ン 盛り上がっていただいて何よりです。
まりこさん アニ 一平卒どのの創作力にはひたすら感心するばかり。
続きは週末までお待ちを~☆

まりこさ~ん
へええ、この焼酎牛乳割りで飲めるんですか。。。
ちょっと考えてみますv-16
2010.05.14 00:26 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。