FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
コツコツ翻訳

「規定できない作家になりたい」チョン・セラン #韓国文学

チョンセラン

リペウニムは、깜깜무소식 カmカmムソシギなので(まったく情報がない)
訳すものもなく・・・・寂しいわ。

ということだからではありませんが
韓国文学について記事を書いてみます。

韓国文学ブームが起きて、読まれた方も多いのではないかと思いますが
今読んでいる(翻訳本で^^;;)
チョン・セランさんの「フィフティ ピープル」
50人の主人公が出てくる、小さい話を集めた作品です。
最初は短編がいくつも並んでいるか、と思ったのですが
これがすべて、同じ地方の総合病院で起きたことなんですね。
ストーリーごとに人間関係が絡まっていて、絶妙に面白いです。

ということでチョン・セランさんの紹介記事を訳してみました。
長いです。
そんでもって記者さんが文学系だからか、やたらと言い回しが難しく
なに言いたいのかよ~わからん、というところもあり。
堅苦しいのでアレですけど。
ま、話題ということでひとつ。

ネトフリでドラマ化される、という「保健教師アン・ウンヨン」。エクソシストが出てくるらしく
楽しみだ~☆

「若い作家列伝(3)」本格文学・SF・ファンタジー縦横無尽に行き来する、
小説家チョン・セラン"韓国文学はあまりにも狭い。 私は規定できない作家になりたい。

2010年ファンタジー小説でデビュー、創批長編賞されながら活動半径拡大し
作品性はもう重量級... "保健教師アン·ウンヨン"はネットフリックスドラマに

小説家のチョン·セランは多様な文学的試みで注目されている。
- 韓国の作家はどうやって誕生するのか。 原石のような才能はどんな過程を経て,誰をも貪る宝石に鍛えられるのか。 84年生小説家チョン・セランの、作家としての立身過程はそんな疑問に対する一つの例示答案のようだ。

数回,ツイストとターンを経由して漸進的に知名度と力量を広げていった過程だったはずだが,その過程は新しくはない。だからと言ってその中に潜んだ作家の涙と熱望、ときめきと誇りを、手に取るようにじっくりと観察できるものではない。

こうも言ってみよう。 21世紀初の2010年代のチョン・セランの小説の一定した成功はどのようにジャンル文学作家がジャンル文学に排他的な中央文壇('中央'と'文壇'という表現がそれほど気に入ったわけでも、具体的に触れていく物理的実体であることでもないが、文学分野のある中心、重力を表現するのにこれだけ適当な用語もない)の各種のハードルを越えて文学の市民権を獲得しているかを示してくれていると。 後日,文学史家がそのような点を記録することになるかも知れないと。




長いので続きは下に。

該当の記事は見つかりませんでした。