FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
V.I.P

映画「V.I.P.」後に出るクレジットは苦労した順・・・by 監督

VIPたち

8月23日に封切られ、熱い反応を得ている映画<V.I.P>を注意深く最後まで見た観客なら、疑問が生じる部分がある。
映画が終わった後、製作参加者たちと俳優たちのリストが表示され、出ているエンディングのクレジットにはキム・ミョンミン、チャン・ドンゴン、パク・ヒスン、イ・ジョンソクの順で俳優たちが紹介される。

これは、映画広報する時と映画開始する時、いつもチャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、パク・ヒスン、イ・ジョンソクの順で紹介されていたのとは違うので、疑念を抱かせている。 よく映画やドラマで俳優たちが名前の順番をめぐって俳優たち、あるいは所属会社同士の神経戦を繰り広げていることが頻繁であるため、もしかして俳優たちの間の神経戦があったのではないかという疑問がする。 さらに、マルチキャスティング映画だから敏感にすることもあり得る状況。

しかし、このような推測は事実無根と明らかになった。 パク・フンジョン監督は最近インタビューで 
"後に出るクレジットは苦労した順だ"
と、意外な答えを出した。 比重を離れ、映画の中で'必ずVIPを得ようとする者'の役割を引き受けて一番苦労した俳優が、キム・ミョンミンということ。

さらに、パク・フンジョン監督は"韓国人俳優達に神経戦は全くなかった。 そんなことは全く気にしなかったよ"と笑った。 当然、名前の順番のために顔を赤めるような事もなかったとのこと。


広報でも大活躍しましたしね~
ってそこじゃないか。(笑)

だってね。
監督が「何も準備しないでいい適当にやって。と言われて、一通り演じたら
なんでそんなに適当にやるんだと言われ、頭の中が?となり
え?と聞き返したら、「いい、いい、OK」となり、なんやねんとなっていたら
最終的にうまくできたと・・・(笑)
その後で監督の意図がわかったって22日のトークライブで暴露してましたww
下のインタビューでもありましたが、最初に監督の意図を掴むのに苦労したんでしょうね。
(演技本座のKMMに「適当に演技するな」って言える監督はあなただけ~(笑))

そう、そのスタートークライブでも1人盛り上げてましたもんね☆ウリペウ☆
映画の中でも外でも「MVP」☆

でもご本人、今回の映画はそんなに大変じゃなかったって。
美味しいものもたくさん食べて
最後は少し太ったとのことです。
今ぐらいがちょうどいいわ☆

該当の記事は見つかりませんでした。