FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
コツコツ翻訳

韓国ドラマ「トッケビ」小説 コツコツ翻訳14 縁인연-(2)






2巻第一章の続きです。

「キム・ウビン」じゃなかった、ワン・ヨの最期を演じた死神役イ・ドンウクさんのこの演技は
痺れました~
悲しすぎる運命ね・・・・


毎日誰かの首が切られるので宮内の雰囲気がひどく動揺していた。キム・シンはそれが王のためではないことを断言できた。このすべての事の元凶はパク・ジュンホンだった。宮殿に戻ってきて見ると王は王ではなくなって、パク・ジュンホンが王の役目をしていた。王妃の便りに、住まいに入ってきてもパク・ジュンホンはろくに挨拶もせずしたたかだった。市井の幼い女を見るように取るに足りないという顔つきがありありとしていた。蛇と違わないパク・ジュンホンを目の前にしてキム・ソンは再び心を引き締めた。



該当の記事は見つかりませんでした。