항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
하루;一日 A Day

「地獄に閉じこめられる」キム・ミョンミンX ビョン・ヨハン <一日>6月公開

haruteazerposter.jpg

ったく便りがないのよねえ・・・と言ってたら聞こえたのか!?

「하루 一日(one day)」の公開が6月に確定したそうです~♪

配給がCGVアートホールという小規模?な配給会社なのでどのくらい上映されるかわかりませんが
どうか、たくさん見られますように。

そして早く公開日が決まりますように☆

映画'一日(one day)(監督チョ・ソンホ)が6月公開を確定した。

公開されたティーザーポスターは一つのカットに一日が繰り返される二人の男の極限の時間を全て描いている。 事故現場もそのまま、事件のために駆けつけた救急車も毎日の姿そのままだが、無惨な事故現場の中、二人の男の一日は毎回違って繰り返されている。 彼らは同じ姿で事故現場に向かって走って来て、どこかへ急いで電話をして、被害者の面倒を見ながらも、悲惨な一日を変えるため、自分ができる限りの事をする。

「一日」は毎日目が覚めると「娘が事故に遭う2時間前」を繰り返す男が、どうしても変わらない時間に閉じ込められ、また他の男に出会い、その一日にまつわる秘密を追跡していくミステリー・スリラー。 韓国のシュバイツァーとも呼ばれ、世界的に活動する医師ジュニョン(キム・ミョンミン)は目を覚ますと娘が事故に遭う2時間前に戻って毎日、娘の無惨な事故を目撃しなければならない。 娘の事故を防ぐため、必死の死闘を繰り広げるが、1日の最後は変わらず最悪の苦痛が繰り返される'終わらない地獄に閉じ込められて'しまう。 そんなある日、自分のように地獄のような1日を繰り返している別の男ミンチョル(ビョン・ヨハン)と出会う。

娘の無惨な事故が繰り返される男ジュニョンとその一日に閉じ込められたまた別の男ミンチョルは、忠武路演技の神、キム・ミョンミンとビョン・ヨハンがドラマ「六龍が飛ぶ」以降、再び会って熱演を繰り広げている。 演出を担当したチョ・ソンホ監督は「キム・ミョンミンはチュニョンがどんな人物かを何を表現しなければならないのか直感的に知っている」とベテランの彼の演技に絶賛を伝え、「ビョン・ヨハンはミンチョルが感情を激しく表出するキャラクターのため、エネルギー消耗が大きかったはずなのに疲れも見せず、よりよいアイデアを提案し、人物を作っていった」と賞賛を惜しまなかった。



うふふ。韓国のシュバイツアー~(^_-)-☆

上映時間が90分のスリラーだから、あっと言う間だろうな。
早く見たいね~(*^_^*)


該当の記事は見つかりませんでした。