항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
日常

「生きている口に蛛の巣ははらない」

south-korean-elderly-women.jpg CNNより

030年の平均余命、韓国女性は90歳超 日本の伸び鈍る
世界の平均余命は出生時、65歳時とも2030年までに上昇し、特に韓国女性は90歳を超えるという予測が21日、英医学誌ランセットに発表された。長寿化の要因として、妊婦や子どもの健康状態も高齢者の健康状態も改善を予想している。(CNN)

記事はこちら

2月22日にこんな記事が出ましたが、目にした方も多いのではないでしょうか。
昨日さっそく韓国語の先生とこの話題で盛り上がりました^^

わたし「韓国の女性が平均寿命が90歳を超える要因はなんだと思いますか?」
先生「ヨクシ~(やはり~)運動が好きで、(登山も大好き)いたるところに運動器具が置いてあるし
健康について関心が高いでしょうね。」
わたし「日本人も健康オタクは多いですけどね」
先生「それとなんといっても、ケンチャナ精神でしょう(笑)
IMFという史上最大の国家の危機も乗り越えたし怖いものなし!
最近政治もよくないことが多くて大変だろうと思われるでしょうけどね。
本人たちはいろいろ考えるけど悩まない(笑)「ケンチャナ~なんとかなる」
なんですよねえ。(笑)」
わたし「なるほど・・・^^;;」
先生「こういう言葉がありますよ。
산입에 거미줄 치겠냐? サニベ コミチュル チゲンニャ?
直訳すると、生きてる口に蜘蛛の巣がはるのか?
です(笑)」
生きていさえすれば、何とかなる~っていう意味ですね。
あはは~韓国語の表現ってほんとに面白いわ^^

例えば誰かが深刻に悩んでいて明日からどうやって生きていこうかと沈んでいるとすると
仲良しのチングがこのセリフを言います。
言われた方は「そうだよね。」
となって
「悩んでも仕方ないから、밥 먹자! パンモクチャ!ご飯にしよう!」
となるんだそうです。いいね~楽天的。

そうそう、それにカフェが多いですよね。
こんなに町中にカフェが乱立してやっていけるのか心配したことありますが
アジュンマたちはおしゃべりが大好き。だからたくさんカフェがあるんだそうです。
何時間でもカフェでおしゃべりしてストレス発散するんでしょうね。

しゃべると言えば、昨年釜山に行った時、撮影地訪問が終わって時間があったので
ソウルからきたお嬢さん2人と我々日本人で太宗台公園に行ったんですが。
日もすっかり暮れて、バスを待つ間、我々の前に、昔うら若きお嬢さんたち(笑)が←綾小路きみまろじゃない(笑)
団体でにぎやかにおしゃべりしながら楽しそうにバスを待っていらっしゃいました。
時折大声で笑うなどして、たしかに少しうるさいなあと感じたわけでもなかったのですが^^;;
ソウルのお嬢さん2人のうち、おしゃべり上手で面白いAちゃんが
「年をとると体に力が入らない分、すべての力が口に集まるからうるさくて仕方ない。本当にすみません」
と言ったんですよ。
もう私はその「口に力が集まる」っていう表現に笑いをこらえられず、ヒクヒク一人で笑っていたんですが、
もうひう一人のおとなしいBちゃんは「あまり変なことを教えないで(恥ずかしい)」と言って困った顔をしていました。
それでも私がすごくウケていたので、Aちゃんは「年とると全身の力が口に集まる」話を2、3回繰り返し
そのたびに私はヒクヒク笑っていました(笑)

ああ、きっとこの子もアジュンマになったら口に力が集まるんだわ、と想像しつつ(笑)

ともかく、登山、散歩、運動(公園に必ず設置してあるあの運動器具、日本にも置いてくれないかな)
運動器具
昨年3月に釜山に行ったときスンジョンさんがささっとお手本を見せてくれました。
股関節が気持ちよく伸びるの。サイコ~!

仲のよい友達とのモイム、おしゃべり。
医食同源の食事。発酵食品キムチ。
あ、もひとつ。面白いドラマ(笑)

いろいろ要因を挙げてみると、
90どころか100歳まで楽しく生きられそう・・・

一方で日本人の女性はこれからどうなんでしょうか。
最近は老後の生活の不安をひしひしと感じるのですが。
和食中心から洋食中心になって久しいので平均寿命はもう伸びないかもしれませんね。
この記事にもありますが食生活が大きく影響するようです。

少し話題がそれますが料理家の土井善晴先生が書かれた「一汁一菜でよいという提案」という本を
読みました。
「白ご飯と具だくさんの味噌汁に漬物」
これで一汁一菜、というお話しが興味深く書かれていました。

忙しくても、自分で作った一汁一菜を戴かないとね!
アイスはできるだけ控えよう・・・(笑)



該当の記事は見つかりませんでした。