항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍 シン・ギョンスPD、大学路をブラウン管に移す

singyonsu4.jpg

「六龍が飛ぶ」シン・ギョンス監督の所信を聞いた。
SBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」(脚本キム・ヨンヒョン、パク・サンヨン演出シン・ギョンス)は、昨年10月5日初放送を始め3月22日までの6ヶ月の長い旅を終えた。 50回を最後に放映終了された「六龍が飛ぶ」は、製作陣をはじめ、俳優たちの熱演のおかげで名作として残り長い呼吸を成功裏に導いてきた。
「六龍が飛ぶ」の完成度が高かったのはキム・ヨンヒョン、パク・サンヨン作家のしっかりとした台本を生かす俳優たちの熱演があったからこそ可能だった。また、彼らと共に一団となって、効果的な演出で名作を誕生させたシン・ギョンス監督の底力が輝いていた。

特にシン・ギョンス監督は多くの人物が登場する50部作時代劇で視聴者たちに新しい顔を継続して紹介した。大学路の舞台で活躍している舞台俳優を抜擢したもの。舞台で積んだ演技力のおかげでしっかりとした演技が可能だったし、ブラウン管では慣れていない顔のために新鮮な魅力は増した。

新鮮な顔の俳優たちがしっかりとした演技力まで披露したので「六龍が飛ぶ」完成度はさらに高くならざるをえなかった。目立つ人は一人もなく、よく調和していたし、演技に穴のない作品に視聴者たちの好評が続いた。


singyonsu5.jpg

シン・ギョンス監督は前作でも演劇俳優たちを大挙渉外して話題を集めた。普段演劇を楽しんで見て演劇俳優を注意深く見ることで有名なシン・ギョンス監督は、自分の目で直接演技力を確認した俳優たちをブラウン管に連れてきて、より多くの人々に彼らの演技力と魅力を伝えた。

イ・ジラン役 パク・ヘス、チョ・ヨンギュ役ミン・ソンウク、ナム・ウン役ジン・ソンギュ、チョ・ジュン役イ・ミョンヘン、チョ・マルセン役チェ・デフン、イ・スクボン役チャ・ヨンハク チョッカ役パク・フンをはじめドラマ序盤に登場したキル・テミ(パク・ヒョックォン)息子のキル・ユ役パク・ソンフン、儒生として出演したホン・オジン、チャン・スンジョ、チョン・ソンウ、この他にもチョン・ビョンウク、チョン・ムンソンなどが演劇やミュージカルの舞台で活躍する俳優である。

彼らの他にも公演のファンであれば、すべて知っている演技派俳優たちが「六龍が飛ぶ」に大挙登場した。既存の公演ファンには嬉しさを、彼らの作品を見ていなかった視聴者には新鮮な魅力をプレゼントした。

シン・ギョンス監督の演劇俳優たちへの信頼は深かった。チョ・ヨンギュ役ミン・ソンウクはマイデイリーとのインタビューで、「演劇俳優がたくさん出て行くほどに豊かになるようだ」とし「シン・ギョンス監督がキャスティングを本当に上手くされるようだ。常に公演を見に通いながらうまい役者を選んでいただいて、視聴者にもより良い結果を見せられたようだ」と明らかにした。

singyonsu6.jpg

ナム・ウン役ジン・ソンギュは、「シン・ギョンス監督は、その多くの大学路の俳優たちをすべて見た方で、その方々を自分の目で検証してキャストする方」と「事実そのように自分の目で検証したとしても、ドラマに出演させるには難しいのに勇気を持ってキャスティングしてくださって俳優たちを信頼してくださった」と述べた。
また、「だから、私たちも監督を信じざるを得ない」とし「演技することもとても気楽だったし、監督が作っていく撮影現場の雰囲気も本当に良かった」と付け加えた。

シン・ギョンス監督は大衆的によく知られていない俳優たちも所信を持って渉外した。すぐに人気スターだけを追う中で無理に交渉をするいくつかの製作陣とは異なり、シン・ギョンス監督は本当に作品を考えているキャスティングで作品自体のクオリティを高めた。シン・ギョンス監督の所信のある交渉が視聴者たちに豊かな見どころを提供した。


パチパチパチ

こうして読んでみると、大学路(テハンノ)からごっそり持ってきちゃったんですねえ。
その間、劇場は大丈夫だったんでしょうか・・・(^^ゞ


該当の記事は見つかりませんでした。