FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ 12話 「最高の1分」イ・バンウォンを弟子に受け入れた鄭道伝

最高の1分

しが面白くなってきたと同時に
この二人のケミがこれまたいい感じになってきましたね☆
これから天才的策士と熱血漢あふれる爆豆の師弟コンビが見せてくれる
熱いスリル満点な反転劇がますます楽しみです(*^_^*)

なにせ口の悪い師匠とイノシシ(だと鄭道伝が言ってました^^;;)みたいな弟子ですからね(^^ゞ



鄭道伝(キム・ミョンミン)とイ・バンウォン(ユ・アイン)が真の師弟関係に生まれ変わった「六龍が飛ぶ」12回のエンディングシーンが最高の1分を記録した。
この日の放送では、李成桂(チョン・ホジン)を政界に飛び込むようにした鄭道伝の策略が輝いていた。
ペク・ユン(キム・ハギュン)殺人犯を李成桂と名指しした手紙の内容に都堂は大きな波紋に包まれ、大臣らは、安邊策の裏取引に対し憤る代わりに目の前の状況に当惑と恐怖を隠せなかった。
イ・インギョム(チェ・ジョンウォン)は、巡禁部に隠されたナム・コルトン(チン・ソンギュ)にイ・バンウォンの秘密追及を指示した。指示を受けたナム・ウンは李成桂のホバルトとの戦闘は敗北したという嘘でバンウォンを揺さぶった。

父李成桂が死を迎えたことを自責していたイ・バンウォンはナム・ウンの「籠城」という言葉で戦闘敗北が偽りであることに気づき、イ・バンウォンを救うために李成桂は一人開京を訪ねイ・インギョムとの談判を行った。その後鄭道伝を訪ねた李成桂は、自分の家臣らを守るために政治を始めると宣言し鄭道伝の策略に基づいて都堂に進出しイ・バンウォンを救うことに成功した。
鳥肌が立つような緻密な策略の全体像は、鄭道伝が描いた作品。同志ナム・ウンをイ・バンウォンの捜査責任者として推薦し、ヤク・サン(手紙をこっそりイ・バンウォンの部屋に置いた者)を横取りし李成桂がイ・インギョムと戦うことができる武器を用意した。
すべての真実が明らかになって鄭道伝はイ・バンウォンに「君はまだ幼いということ。まだチャンスがあるということ」これに運命をかけると言って、彼の弟子入りを受け入れた。
「六龍が飛ぶ」エンディングシーンは瞬間最高視聴率20.4%を記録して、最高の1分になった。視聴率調査会社ニールセンコリアによると、10日放送されたSBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」12回は全国視聴率14.1%を記録した。


該当の記事は見つかりませんでした。