FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

チョン・ユミ「六龍が飛ぶ」出演確定 キム・ミョンミン、ビョン・ヨハンと恋人関係に

201506261603135a4.jpeg

優チョン・ユミがSBS「六龍が飛ぶ」の出演を最終確定した。
チョン・ユミの所属事務所によると、チョン・ユミは次期作でSBS創社25周年特集劇「六龍が飛ぶ」出演を決めた。
これにより、チョン・ユミはチョン・ホジン、キム・ミョンミン、ユ・アイン、ビョン・ヨハン、シン・セギョンなど名俳優たちと肩を並べることになった。

チョン・ユミが出演する「六龍が飛ぶ」は朝鮮の礎を築いた鉄血君主イ・バンウォンを中心とした6人の野心と成功ストーリーを扱ったフィクション史劇で、過去​​2011年人気裏に放映された時代劇「根の深い木」のプリクォル作品という点でたくさんの関心を集めている。

 劇中チョン・ユミはチョン・ドジョンにとって心のやすらぎとなる恋人であり、タンセ、イ・バンジが生涯愛した初恋の人、ヨニ役として出演する。ヨニは恋人ひとり守ることができない国、恋人ひとり守ってあげられなかった相手に絶望し、すべてに背を向けファサ団のスパイになるが、後に自分が監視していたチョン・ドジョンを心から崇拝するようになり、彼が属する神権派の紅一点として活躍する人物。これにより、チョン・ユミはチョン・ドジョン役のキム・ミョンミン、イ・バンジ役のビョン・ヨハンと恋人役として共演しドラマの楽しさを極大化ることが期待されている。

チョン・ユミのキャスティングの情報を伝えた所属会社ネオスエンターテイメントの関係者は、「ヨニという人物は、チョン・ユミの「下女たち」をはじめとする作品活動をずっと見守ってきた「六龍が飛ぶ」の制作陣がキャスティング序盤段階から唯一チョン・ユミにのみラブコールを送ったキャラクターであると同様、俳優自らも格別な愛着を持ってベストな演技を披露することができるだろう」と伝えた。

また、この関係者は、前作「下女たち」に続き、再度史劇作品を選択した理由について、「二つの作品は、ジャンル的な面だけで共通分母を持つだけで、チョン・ユミが引き受けた役自体の性質は明確な差がある。従いいつものように新しい演技変身のために拍車をかけているチョン・ユミの活躍を期待しても良さそうだ」と説明した。

一方、SBS創社25周年特集劇「六龍が飛ぶ」は来る10月初放送される予定だ。


該当の記事は見つかりませんでした。