FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
개과천선:改過遷善

キム・ミョンミン、キム・ソヒョン、ロマンスなくても「特級ケミ」

201406200806774099_53a36ddd3a1c1.jpg

いよねえ。この二人。いやいや、この三人か。(笑)
こういう二入(三人)の「大人のラブコメ」みたいわ~(^_-)-☆

ところで特級ケミ 「特級」という言葉ですが、
韓国で今年の流行語大賞があったらきっと間違いなく入賞するであろう
上半期の大ヒットした流行語で、
특급トゥックプといいます。
どこで火がついたかというと、
「白い巨塔」アン・パンソク監督ドラマ「密会」밀회で主演のキム・ヒエがユ・アインの弾くピアノ演奏を褒める時に
ほっぺたをぎゅっとひねりながら「특급 칭찬이야!」トゥックプ チンチャンイヤ! 特級 称賛だわ!って言ったんですが、もうそれからというものバラエティやいろんなところでこの言葉が使われ始めたそうです。

トゥックプ メリョク(魅力)、 トゥックプ ケミ トゥックプトゥックプトゥックプトゥックプトゥックプ~~~
ってなってるんだそうです^^;;;
まあ日本語の「超すげ~」みたいな感じでしょうかね。
특급칭찬_1-1
ククク、ワンコまで^^

で、この特級ケミな二人の場面が記事になってました。
なんだかこの記者さん、文章が素直じゃないので非常に訳しづらかったんですが・・・
ま、言いたいことはわかります。ハイ^^

MBCドラマ「改過遷善」のキム・ミョンミンとキム・ソヒョンがロマンスがなくても満足げな「特級ケミカル(ケミストリー=調和)」を見せてくれた。愛し合う関係として発展する可能性が全くないのに、二人が会話をしている姿だけでも、しょっちゅう笑顔になる魔力が繰り広げられている。

去る19日放送された「改過遷善」はキム・ソクジュ(キム・ミョンミン)が為替商品被害を受けた中小企業を救うために、自分が身を置いていたチャ・ヨンウ法律事務所が法律代理人として立った大手銀行との法廷闘争を繰り広げる物語が描かれた。

ソクジュは、司法研修院の同期であり、自分がチャ・ヨンウ法律事務所にいるときは対立をしたイ・ソニ(キム・ソヒョン)がチャ・ヨンウ法律事務所の圧力に負けて追い出されると、本格的にチャ・ヨンウ法律事務所との対決を開始した。

ソニはソクジュのオフィスを訪ねてやり場のない現実に愚痴をこぼした。ソクジュは、ソニに外交公文発送と外国人の専門家の助けを得るため解釈を頼んだ。ソニは大喜びでまるで弁護士のインターンのように飛びついた。仕事を頼まなければ寂しくなるところだったとでもいうように。高慢で正義感と使命感を持った検事イソニのかわいい一面はソクジュと絶妙な「ケミ」を形成し、視聴者を笑わせた。

自分が助けになったというソクジュの言葉に 「自尊心がどん底だったが救われた」というソニのクールでありながらも、かわいい言葉は息詰まる社会の不条理をそのまま移しながら、張り詰めた緊張感を形成する「改過遷善」でほっとするようだった。ソクジュとソニは二人とも徹底した性格で、慎重な容貌の所有者なのに一緒に手をとり進んでいく仲間意識はほほえましい光景だ。

前だけ見て名誉と成功のために生きていたソクジュを嫌っていたソニだったが、ソクジュが改過遷善しながら、ある瞬間お互いを頼りにしている友人ができたのだ。ロマンスはなくてもお互いに力になる、このような友情は、愛ではなく、粘っこい友情でも甘い感情を引き起こす可能性があることを示している。

息詰まるような二人の俳優が会って愛情のある関係ではないのに、一緒にいさえすれば面白い「特級ケミ」を作っているわけだ。キム・ソヒョンはこのドラマで序盤検事の役に特別出演した後、強烈な存在感と名演技を見せてドラマの最後まで出演する気炎を吐いている。

それだけ俳優が持つ演技内攻の力を見せている。キム・ミョンミンは友人であるバク・サンテ役のオ・ジョンセと自然な「コミックケミ」で演技力だけでなく、相手俳優との優れた調合を誇っている。おかげで、ソクジュとソニが本格的に手を握るシーンにソニに片思いしていたサンテの落ち込んだような表情演技が加わったときに、より面白いシーンが完成した。

ぽんぽん投げる話だけでも優れた調合を見せるキム・ミョンミンとキム・ソヒョン、そして名脇役の演技をしっかり果たしているオ・ジョンセが、あとたったの2回残った「改過遷善」で引き起こす心温まる「ケミ」が一層待ち遠しい。



該当の記事は見つかりませんでした。