FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
ウリケースケ

ありがとう☆虹の橋に行ったケースケへ☆

☆になったケースケ


週金曜日の夕方、帰宅するとケースケの様子が変で
その後何か月ぶりかのてんかんの発作を起こしてしまいました。
あわてて病院に連れていき、いろいろ処置をしてもらったのですが
酸素吸入をするほどの状況だったので、
一晩病院のICUで預かってもらい、翌朝迎えに行きました。

「少し呼吸が落ち着いたようです。でも長くはないと思います。」

そういわれて車の助手席に乗せ、
「もうすぐ家だからね。」
「あ、あの家の藤棚の花が満開だ。キレイだね。」
そんな風に話かけている私の顔をケースケはじ~っと見つめていました。、
(もう見えていなかったと思うけど。)
家に着いていつもの寝床に横たわらせると、すぐに呼吸が苦しそうになったんです。
そして
次の瞬間、
大きく息を2回して

そのまま息を引き取りました。

ケースケは、家に帰って父や私に会うまで頑張ってくれたんだと思うと
泣けて泣けてしかたありませんでした。

ありがとう、ケースケ。よく頑張ったね。
私の前で旅立ってくれて、本当にありがとう。

悲しいけれど、1年間一緒に濃密な時間を過ごせたことで
私は悔いがありません。
きっとケースケもわかってくれたと思う。
おそらく私が介護で疲れているのを知っていて、もうそろそろ
楽にしてやろうと思ったに違いないのです。

今日、お世話になった病院に挨拶に行ったのですが
私が、1年間、仕事そっちのけ(!)で介護してきたので悔いはないです。と言うと
「ケーちゃんは、1年間 お母さんにお世話をさせるようにしてくれたんですね。
納得いかないペットの死を味う飼い主さんもいらっしゃいますが
ケースケちゃんは、そういう意味で飼い主さんが納得できたことが何より良かったです。」
このようにおっしゃってくださいました。
中馬動物病院にはこの1年間、週1回通うぐらい本当にお世話になったんです。
すばらしい先生方や看護師さんたちに囲まれていつも安心して診てもらえたことも
良かったなあと思います。

ケースケとは家で2日間一緒に過ごして、今日、荼毘に付しました。
今、きれいなお花たちと、おいしいケーキに囲まれて
ケースケはきっと空の上で駆け回っていることと思います。

よこはま動物葬儀センターというかなり歴史のある火葬場で
火葬していただきましたがこちらもとても温かみがあり
話をいろいろと聞いてくださり、心が安らかになりました。

去年12㎏もあったケースケは最後は6kgを切るぐらい小さくなってしまいました。
その小さな身体がまた小さな骨になって私の元に戻ってきました。

年輩の担当の方がひとうひとつこれはどこどこの骨ですよ~と優しく説明してくださったのですが
ケースケの骨は15歳にしてはしっかりしていて
「天寿を全うした立派な骨」とほめてもらいました。
(飼い主としてはちょっぴり誇らしかった^^)
顎と歯も立派でこれはよく食べた骨ですね!(←苦笑^^;;)
とも言われました。

あ、もうひとつあった。
「天寿を全うしたペットはその家の厄とか禍を全部持って行ってくれる」のだそうです。
ケースケ、ホントにイイ子だ~!


倒れる最後の日の朝もモリモリ元気に朝ごはんを完食していたケースケ。
「虹の橋」でも思う存分ごはんを食べて元気でいてね。

そしていつか「虹の橋」に行ったら私を探して走ってきてね♪
☆「虹の橋」←ステキな詩です^^

ありがとう~ケースケ☆


img1398673895690.jpg
まだまだ元気な頃。
父や私が出かけると、窓際の椅子に飛び乗り、どこに行っちゃったの?とキョロキョロしていたケースケ。
img1398674624616.jpg
昨年の夏ごろかな。脳腫瘍で歩くのが困難になっていたころ。
でも食欲旺盛でコロコロしてました。ご飯のトレイに顔をつっこんだまま寝ていたこともしばしば(苦笑)
img1398674959157.jpg
今年に入って食道拡張症になり、流動食でやせ細ってしまったけれど
寝姿は愛嬌たっぷりでした^^


☆追記☆
27日は「恋チュンプロジェクト」の打ち上げを開催いたしました。
26日にこのようなことが突然起きてどうしようかとも思ったのですが
(ものすご~く心配してくれたkukkoさん、aorinちゃんありがと☆)
私の1年間の介護生活を精神的に支えてくれたのが
ミョンペンモイムであり、恋チュンプロジェクトでした。
(ケースケの写真を整理していたら、モイムの写真の間にケースケの写真がある、というぐらい
実はモイムとケースケ介護生活は密接に繋がっていたんです!)
だからみなさんとも会いたかったし、
何より恋チュンのムービーを頑張って編集してくれたaorin 監督にお礼を言いたかったし。
ただ、ケースケの事を言うとしんみりしちゃいそうで、一部の方を除いて、
あえてお話ししませんでした。本当にごめんなさい~(^_^.)
Twitterで心配してくださった皆さん、ありがとうございました。

aorinがこの日のために作ってくれた「ありがとう☆」スペシャルムービー、本当に最高でした!
☆ありがとう~♪ありがとう~♪ありがとう~♪ありがとう~♪ありがとう~☆・・・気持ちはエンドレス(^_-)-☆



笑っていいとも最終回スペシャルのSMAP「ありがとう」より

該当の記事は見つかりませんでした。