FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
드라마의 제왕; ドラマの帝王

鳥肌立つ「瞳孔演技」で最後を飾る

20130108100910372.jpg
「みなさん、これからはラジオドラマの時代です~!」

日の月曜日 ドラマが終わるや否や、みょんたんのこの演技に
「鳥肌が立った瞳孔演技!」「すごいね!」「ヨクシ ミョン本座」という賞賛の声が
韓国で上がっていましたね☆
一目で目が見えないことをわからせる演技。
うまいなあ、とおもわずうなってしまいました。

キム・ミョンミン、鳥肌が立つ「瞳孔演技」で"ドゥジェ"最後を飾る

俳優キム・ミョンミンの演技力がSBS月火ドラマ "ドラマの帝王"の最後を輝かせた。

"ドラマの帝王"(脚本チャン・ハンジュン、イ・ジヒョ、演出ホン・ソンチャン)は7日放送された18回を最後に放映終了した。アンソニー・キム(キム・ミョンミン)は、最終的に視力を失ったが、彼のそばにはイ・ゴウン(チョン・リョウォン)が残った。二人は、こまやかに愛を分かち合いドラマをハッピーエンドに導いた。

"ドラマの帝王"最後のシーンは、視力を失ったアンソニー・キムがラジオドラマの展望について講演するものであった。ドラマでは人物たちのセリフの中に"アンソニー・キムが視力を失った"という説明はなかったが、キム・ミョンミンの卓越した"瞳孔演技"はアンソニー・キムが視力を失ったことを実感できるように見せてくれた。

キム・ミョンミンは、焦点の合わない目で一点を見つめていても瞳を不自然に動かし、目を急に大きく見開いたり、目の動き一つ一つに変化を与えて視力を失った人の演技を見事に消化した。

この日キム・ミョンミンの演技を見た視聴者たちは"瞳孔一つ一つ演じるのを見て本当に鳥肌が立った"、"焦点の合わない瞳の演技は本当に本物の中の本物だ"、"キム・ミョンミンの演技がより成長した"、"本当に演技が驚きだ"、 "焦点の合わない目の演技に目が行ったり来たりしながら本当にすごかった"と称賛であふれた。

キム・ミョンミンは、"ドラマの帝王"でドラマ製作社アンソニー・キム役を引き受けて成功のためには何でもするが、愛の力で徐々に変わっていく過程を名不虛傳の演技力で消化した。そして"演技本座"キム・ミョンミンの演技力は最終回でより一層光を放ってドラマファンたちの関心を集めた。



該当の記事は見つかりませんでした。