FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
드라마의 제왕; ドラマの帝王

チャン作家インタビュー(翻訳) cine21

チャンハンジュン作家

チャン・ハンジュン
「これはすべて私が放送局で見て聞いて経験したことだ」


ドラマ<ドラマの帝王>のチャン・ハンジュン作家

初放送視聴率6.5%。名実ともに3社で最下位の出発である。キム・ミョンミン主演、チャン・ハンジュンのシナリオも無駄だった。放送16回目、<ドラマの帝王>は10%も超えられないまま7〜8%をもどかしいように行き来している。ドラマの中アンソニー・キムならとても容認できない数値だ。絶えず発生する問題に比べて解決策は気が抜け、その場所には旧態依然のメローと不治の病がこっそりと座を占めた。ドラマ界の肺腑を深く掘り下げて緊張感あふれる展開で視聴者を縛りつけた序盤の勢いに比べると、これは問題があまりにも多い。それでも無視するにはもったいないほどの新鮮で長所が多い作品が<ドラマの帝王>である。状況を整理する必要を感じた。執筆をしたチャン・ハンジュン作家(この場合監督ではなく、作家タイトル)に会って問いただした。クリスマスイブを迎え、従業員が全員休む麻浦のオフィスビルを訪れた。

元記事はこちら CINE21

該当の記事は見つかりませんでした。