FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
드라마의 제왕; ドラマの帝王

「ドラマの帝王」日本放送記念して^^(修正)

エンソニー演説

そるおそる~
と思ったらやっぱりブロックされてしまいました(*_*)


2013お正月、「ドラマの帝王」日本放送を記念し
(といってもKNTVで1話のみ先行放映で本放送は2月16日から)
1話でエンソニーが行った大演説の部分に字幕をつけてみました。

字幕制限を無視したほぼ直訳でごじゃいます。
おそらく実際のTV放送はかなり意訳され短縮されることでしょう。
ですがこのミョンミンさんの長く速いリズム感あるセリフ回しを
日本語で味ってみたいと思い、作成しました。

一度ユーツベにアップしたら速攻でブロックされちゃって^^;;
ちょっと限定で別アカウントでアップしてみました。
皆さん見れますでしょうか・・・(^^ゞ


やはり見れないので訳をそのまま載せます。
約5分間でこれだけのセリフをしかも超正確にこなしてしまうキム・ミョンミン!
しゅごいです~♪

それで・・

音声だけでも~と思ってトライしてみました^^


日本、ヨン様シンドロームが韓国に及ぼした経済波及効果は1兆1千906億ウォン。
世界60カ国以上のトップスター イ・ヨンエさんが韓国に与えた経済効果は3兆ウォン。イ•ヨンエさん、今はお母さんになられましたが、もちろんお美しいですよね。
まだシングルであるペ・ヨンジュンさんが私の彼氏だったら?想像もしてみたでしょうが、ヨン様の見事な腹筋で女性が熱狂するのはありません。彼女たちの中心に韓流。大韓民国ドラマがあったから愛されるでしょう。国内の放送関係者が出した本によると、ベトナムの若者たちが、最高権力者である共産党書記長の名前は知らなくても韓流スターチャン・ドンゴンは知らない人はいないと言います。韓流を通した一般的な商品の輸出促進効果は年間27兆ウォン。海外に輸出された韓国のDVD、OSTアルバムはもちろん、ドラマに出てくる国内の新型携帯電話やドラマの主人公が使う化粧品、乗って通う自動車まですべてがお金。お金に換算されます。
私たちが通りでよく食べるトッポッキを、彼らはまるでイタリア高級パスタを注文して食べるように楽しんでいます。なぜなら、ドラマで出てきたトップスターが食べていたトッポッキを自分の口に入れた瞬間。
- オイシイ。
- スゴイね。
今、彼女たちは韓国ドラマにはまっています。
36年という屈辱の植民地の歴史を抱かせた日本も、
高句麗の土地が自分の土地だと言い張る中国も、
世界の歴史上最も広い陣地取りに成功したジンギスカンの国、モンゴルも。
まさに他ならぬ韓国。我が国のドラマに夢中です。
韓流の中心、一流ドラマ。最高視聴率を出すために、その後ろで三流のような生活を耐える人々がいます。

- カット!
- あんたちょっと、今私の白い肌に、よだれ?
- ごめん、ごめん。
- ホン監督、私本当にやってられないわ。

わずか1%の視聴率のために。
一枚、一枚やっとの思いで届く数枚の台本に。生放送撮影に視聴率競争まで。これ以上の戦場は他にありません。
出演する俳優や監督、作家もそんな三流のような生活を耐える理由は簡単です。世界に愛されている私たちのドラマがお金。お金になるからです。MONEY。マネー。
お金になるドラマにするには、お金になる作家を使わなければなりません。お金になる俳優を使わなければならないでしょう。現在、我々帝国プロダクションの製作放映中のドラマ「優雅な復讐」チョン・ホンジュン作家をはじめ、過去7年間所属した作家の原稿料は156億ウォン。
俳優のキャスティングに使ったお金だけでも865億5千万41ウォン。丸めで870億円です。
そして私は放映された全29編のうち27編を国内初、国内最高の勝率、93.1%という神話的な記録を持っています。
獲得した利益の総金額だけでも4,615億円です。私は確かな確率がなければ動きません。そして、その確率はまさに私の手から生まれるのです。
みなさん、ドラマが何だと思いますか?ドラマは数字との戦争です。そこ。
- 代表様は総29本のドラマの中で27本を成功させたとおっしゃいましたが、その2本のドラマが失敗した理由は何でしょうか?今後代表様が製作されるドラマが失敗することもあるのではないですか?
もちろんです。その二本のドラマを失敗させた、大韓民国すべての国民が熱狂のるつぼと化した2002年ワールドカップと2008年5月狂牛病牛肉ショックのような異変がない限り、私は絶対に失敗しません。
人々は私の指にはめたこの指輪を「絶対リング」そして私を「ドラマの帝王」と呼びます。
皆さん、三流が世の中を変え一流はその世界を楽しみます。


しかし、年の瀬も押し迫ったこの今、こんなことやってていいんでしょうか・・・・

じぇんじぇん、年越しムードじゃないんですけど・・・(*_*)

該当の記事は見つかりませんでした。