FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
드라마의 제왕; ドラマの帝王

エンソニー演技大賞欠席・・・・(;O;)


「いつからだ。わたしを好きになったのは」

しいカフェの運営者さんであるウンジュさんが
みょんたんのスケジュールを更新されまして
(なんかすご~く久しぶりに公式スケジュールが更新されました^^;;)
今月末のSBS演技大賞はみょんたん欠席だそうです。。。
うむむ残念!
でも司会はリョウォンちゃん☆

そして、ドゥジェの撮影は今月末までだそうです~!
最後まで無事に撮影が終わりますように。

そしてゆ~くり休んでくださいね☆
そのあと、待ってますよ~ん(*^_^*)


になるエンソニー失明危機について記事がいくつか上がっておりました。
はあ・・・・なんか気合いが出ないわねえ。。。
苦難を乗り越え成長する姿と希望を見せてくれるのよね?
チャン作家~!


"ドラマの帝王 'キム・ミョンミン失明はすでに決まっていた悲劇だった。

SBS月火ドラマ "ドラマの帝王"(脚本チャン・ハンジュン/演出ホン・ソンチャン)が2回分だけを残して失明の危機に置かれたエンソニー(キム・ミョンミン)がどのように克服していくかについて、視聴者を気がかりにさせている。

ドラマの中の "京城の朝"の制作のために数多くの危機に遭遇しながらも克服していくエンソニーの能力は驚くばかりだったし、やっとエンソニーとゴウンのラブラインが入ってドラマは興味津々になり始めた。しかし、結局エンソニーの人生最大の危機失明の危機が訪れた。

エンソニー病名は "レーバー視神経萎縮(Leber hereditary optic neuropathy(LHON)"で、エンソニーの母が病気ですでに目をすべて失った設定で出ている。この病気は母系で遺伝され、すべての年齢層で予告なしに現れ、急性またはゆっくりと両眼の視力を同時にまたは連続的に失うことになる。

視聴者が感じるエンソニーの失明に関してもここまで来ると、あまりにも突然に起きたように感じられるが、エンソニーの失明の危機は最初から決まっていた悲劇だったことを知ることができた。

すでに2回分だけを残している "ドラマの帝王"の制作陣は、現在の反転に反転を繰り返しているドラマになるという予想だけを残して視聴者たちに耳打ちしている。

ウェルメイドドラマと評価されている "ドラマの帝王"の結末を期待してファンたちは ""パリの恋人 "のようにすべてが夢で終わったようにドラマの中のドラマになってしまうようだ"と話して懸念している。

視聴者たちはドラマ結末に対して視聴者たちが愛するキャラクター、エンソニーがドラマの帝王として再起できない結末になるのではと気をもんでドラマ放送日を待っている。


気をもんでますよ。ほんとに。(ー_ー)!!

ところでパリの恋人ってどんな風に終わるんです?
わたし最後まで見てなかったわ。

それにしてもです。そんな難病にかかってどうやって克服するんでしょうかね。
ネットで検索すると中国針治療で視力が回復した人もいらっしゃるようだし。
視神経が死ぬわけではないのでまったく失明するわけでもなさそう。

レーバー遺伝性視神経症では視力低下や視野障害が進行する場合が多いのですが、
全く光りも感じない程度に失明することは通常ありません。


該当の記事は見つかりませんでした。