FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
연가시:ヨンガシ

【分析】「ヨンガシ」2週目で前売り1位!



国内最大級の映画サイト「マックスムービー」が
「ヨンガシ」の快進撃について分析した記事を出しています。



公開2週<ヨンガシ>が前売り1位に上がった。
国内最大映画前売りサイトマックスムービーが11日午前10時集計した結果、 <ヨンガシ>が41.63%のシェアで前売り1位を占めた。マックスムービー キム・ヒョンホ室長は"<ヨンガシ>は、異例的に繁忙期の公開2週で前売り1位を記録した。このような事例は<王の男> <国家代表>などという点から<ヨンガシ>の最終的なスコアを期待して見るに値する"と言い"青少年の観客や子供連れの家族、観客をひとまとめに取ったという点が特徴だ。夏休みを控えた小、中、高校生など10代の観客をとらえたことが興行好調の力である。"と分析した。このように<ヨンガシ>のように公開2週目に前売り1位に上がったのは今年に入って<折れた矢><長靴をはいた猫>に続き三回目だ。 <折れた矢>と<長靴をはいた猫>が相対的にオフシーズン市場で成し遂げた記録と比較すると、夏の繁忙期のど真ん中で行われた<ヨンガシ>の逆転は異例的だ。繁忙期にこのように逆転1位になった代表的な映画が<王の男>、<追撃者>、<国家代表>という点から<ヨンガシ>の興行好調を期待してもよい。

<ヨンガシ>の興行好調は二匹のウサギを捕まえたためだ。 <ヨンガシ>を選択する観客を分析すると、相反した観客層が共存するということだ。まず、<ヨンガシ>の特徴は、制服を着た若者の観客が多い。
<ヨンガシ>の青少年観客層は5%で、3%台の<アメージング スパイダーマン><アベンジョース>などのブロックバスターと比べても高い。青少年観客層が5%以上を見せて、通常の劇場現場で、 "制服観客"を認識する程度で若者の観客が現場で強既製をあげている。このように青少年観客層が高いのは、ホラー映画の特徴でもある。

同時に<ヨンガシ>は、子供連れの家族観客層が増えている。 <ヨンガシ>は公開週、日曜日を基点に、公開2週、平日でも40代の一人当たりの前売り枚数が3.2枚以上の子供連れの家族、観客の割合が引き続き高まっている。このような子供連れの家族、観客はすなわち小学生の観客層であるわけだ。通常青少年観客層と小学生観客層は、好みの映画が異なるため、相容れないが<ヨンガシ>はすべての客層を捕らえたということだ。

このように相反する観客層の共存は、実際の観客の評価分析もある。前売りから観覧まで確認されたマックスムービーの実際の観客の評価を分析すると、10代の観客は9.2点、40代以上の観客は8.6点で高い点数を与えている。結果的に<ヨンガシ>が夏休みを控えた小、中、高校生層の両方にアピールしていて、 <ヨンガシ>が10代の観客層にホラー映画のアイコンが流行のように広がる可能性が高いことを示唆している。



グハハ。500万は確実に超えますね^^

、そうそう。
MOVIEWEEK536はこちらから入手できます。表紙はバットマン^^


201207111011131.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。