FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
베바 ベートーベン・ウィルス

今年もラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン!

ラフォルジュルネ3

年もラフォル・ジュルネ in Tokyo ←HPへ
毎年GWは国際フォーラムで開催されるクラシックコンサートに行くのが恒例となりました。

いわゆる「クラシックのはしごコンサート」
プログラムによっては3才の子供から入場できて
クラシック音楽のいいとこどりみたいなプログラムを
時間表見ながら選んで聞くというイベントです。

日本ドラマの「のだめ」や韓国ドラマ「ベートーベン・ウィルス」にはまって
クラシックがより身近になって
さらにこのような敷居の低いクラシックコンサートが誕生したことで
クラシック音楽も聴きやすくなったのではないでしょうかね。

ま、私もそんな中の一人ですが・・・・(^^ゞ


今年は5月3日から5日まで開催。本日最終日ですね。


本日はこの3コマの予定♪

15:45-16:30 No324
ストラヴィンスキー:プルチネルラ組曲
プロコフィエフ: ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調op.19

交響曲並のスケールを誇る充実した協奏曲
独奏者の冴えわたるテクニックにも注目!

イェウン・チェ (ヴァイオリン)
パリ室内管弦楽団
ジョセフ・スヴェンセン (指揮)


16:45-17:15 No.345
ショスタコーヴィチ:バレエ組曲第1番
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 op.23

火花散るピアニストとオーケストラの競演
屈指の傑作協奏曲をフレッシュな顔合わせで

児玉桃 (ピアノ)
ベアルン地方ポー管弦楽団
フェイサル・カルイ (指揮)


18:45-19:30 No315
グリンカ:「ルスランとリュドミラ」序曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35

テクニックと歌心にあふれた名手が奏でる
ロシア色と古典性が完璧に融合した超名曲

川久保賜紀 (ヴァイオリン)
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ジャン=ジャック・カントロフ (指揮


えへへ。
最後の曲。もうベバファンにはおなじみですね。
ロシアの歌劇なんですね。


動画お借りしました^^

「ルスランとリュドミラ」
10話のカンマエの指揮を思い浮かべながら楽しんできます~♪
ラフォルネカンマエ

ではでは行ってきま~す!

該当の記事は見つかりませんでした。