항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
페이스메이커:ペースメーカー

<ペースメーカー>韓国版DVD 副音声の聴き方

特典映像7_400

夜、眠たい目をこすりながら半分ぐらいこの副音声つき<ペースメーカー>を視聴。
しつつ、ハングル字幕を書き取っておりました。(途中腕が痛くなって書き取りは中止^^;;)

それで、副音声の聴き方について
メニュー画面をキャプりましたので
参考にしてみてください。

メニュー1
1.最初のメニュー画面が出たら、「設定」を選択。

メニュー2
2.このメニュー画面が出てきたら、Audio(音声選択)のところの「監督・俳優コメンタリー」を選択。
字幕はお好みで。(韓国語、英語、なし)
そして「本編再生(映画を見る)」を選択。
すると、本編見ながら副音声で監督、ミョンミンさん、テジュン君、アラ嬢の解説?が聞けます^^



日、最後の方を聞いてみたんですけど
ロンドンオリンピックの場面は、やはり監督相当いろいろご苦労されたようで
能弁になってました。
「ああ、この時は~こんなことがあって~あんなことがあって~」
みょんたん「ええ~?そうだったんですか。知りませんでした・・・」
みたいな会話が続いていて
ああ、完璧に聞き取れたら面白いだろうなあ、と思いつつ・・・流して聞いております^^;;


作為的と言われたシーン(ここでは詳しく書きませんが)も
監督としてまったく後悔がないとのこと。
ミョンミンさん「このシーンは男性の方が必ず泣かれるらしいです。」
私は男ではないけど、見るたびに鳥肌が立って泣きます゚(゚´Д`゚)゚

それと監督が映画館で公開された時はたくさんの人に見てもらえなかったけれど
その後から(ダウンロードで)見た方からTwitterで「すごくよかった」って
感想をたくさんの人からもらって、ますます辛くなった^^;;とお話されてました^^;;
ですよね。商業的には失敗で監督の立場としては辛いですもんね・・・

みょんたんは
「映画館で見てもらえなかっただけで
とにかく(どんな形でも)たくさんの人に見てもらいたい。
誇りに思える作品。
監督、良い映画を作ってくださってありがとうございました。」
っておしゃててましたね。

満足されてるんですよね。
私もまた見て特に後半は何度見ても感動です。

どんな形でもいいから・・

ロンドンオリンピックの前にきっと韓国TVで放送されるんじゃないかな。
感動を呼びますよ。きっと。

だからさ。

日本にも感動を~!!!


該当の記事は見つかりませんでした。