FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
「赤い糸伝説」청실 홍실

マノツアー後記の後記・・・^^;


新沙駅から少し歩いたカロスギルにあるカフェにて。


あ、最後の最大のミッションが終わって
力が抜けてしまいました~。。。

カフェに昨夜ようやく旅行の後記をアップ!

結局A4でびっしり6枚ぐらいになって・・・(過去最高の長さ!)
それでも割愛したところも多く・・・
金曜日は夜9時から午前2時まで
土曜日は朝10時から午後2時まで
あわわ、何時間かかっとんねん!

そしてその後は
バナナ1本食べて韓国語教室で細かいところをチェックしてもらい・・・
はあああああ・・・・
脱力・・・・

しかし、カフェはこの週末静かですねえ。
フフフ。
来週のファンミに備えての家族サービスでしょうかね?

日本からもカフェの運営者さんのご配慮で10名参加できることになったんですね。
今、きっと来週の生みょんたんとの初の出会いに
ドキドキワクワクされていることと思います。

ファンミってミョンミンさん側もいろいろ準備をお手伝いされるのかと思ったら、
運営者であるヒョンジョンさん(HN:ミスホンさん)が一人で
映画館の予約から何から準備されるのだそうです。
もちろん他にも数名スタッフがいらっしゃるので
プレゼントの準備とかされるのでしょうが。

あ、だからミョンミンさんは「身体ひとつ」だけで参加だそうです^^


昔といっても「白い巨塔」ぐらいまではファンも少なくて
家族的なお付き合いだったそうですね。
ファンのモイムにミョンミンさんが突然参加されたり
一緒に記念写真をとったり。

ファン同士ハンドルネームではなくて実名で呼び合うようになったのも
ミョンミンさんの意向だそうです
他のサイトにはない、サランハギ独特のスタイル。ミョンスタイルですね^^

とにかく名前を覚えようと一生懸命努力されるとのこと。
サイン会などで会うと、本当にじぃ~~~っと顔を見るので
何か顔についているのか心配になるんだそうです。
そのくらい集中して相手の目を見てお話するんだそうです・・

ああ、だから吸い込まれるような気がするのね・・・
来週行かれるかた、心の準備が必要かと・・・^^


撮影現場でスタッフの名前を覚えるのも彼の人を大切にする気持ちからくる
やり方なんですね。
本当に誠実なひとだなあ・・

それで毎回会うと、名前を呼んで、前回会った時の話も覚えていらっしゃるんだそうです。
「最近はどうなの?」
みたいな会話をされて。
だから、ミョンミンさんに会う時には恥ずかしくないように
自分もがんばらなくちゃって思うのだそうです。


ファンの気持ちって永遠ではないですよね。
必ず高い熱は平温に下がるんですよ。
でもね、ミョンミンさんっていう人間性に惚れてしまって
家族のようになってしまうから
ファンは止められないのだそうです。
彼の一生懸命な生き方を見て見習おうと思うんですね。
カフェはそういう方々の集まりなんですね。
ああだからいい雰囲気なんだなあ。
(私も好きというより尊敬の念が強いかなあ・・・)

そんなカフェも2008年9月から一変したそうです。
そう!カンマエシンドローム。
この頃ネット上は「カンマエ」「キム・ミョンミン」の話題で
あふれていたそうです。
ほんとにすごかったらしい。

それでファンが、特に中高校生がぐわ~!と増えて
カフェの雰囲気もがらっと一変したそうです。
うん。まあしかたないよね。
人気が出るってことはそういうことだもんね。


赤い猫さん(ソニョンさん)はベバからのファンなんですね。
最初はふ~ん、なんか面白いキャラだわ~ぐらいだったんだそうですが
5回の「ナマンタラワ~」っで一気に嵌ったんだそうです。
そしてトゥルミの「ソンセンイムル アルゴシッポヨ(先生のことが知りたい)」で
私も~!
ってなったって^^(この話で我々もえらい盛り上がりました^^)

特定の芸能人のファンになったことがなかったのに
ミョンミンさんにはまり
お母さまからは「チョンシン チャレ~!」(しっかりしなさい~!)と言われ
ダンナ様も当然よい顔をしなかったそうです。

でも最近はカフェの家族同士の付き合いに発展しすっかり理解を示されてますね。
(実際私も日曜日はソニョンさん、スジンさんご一家と海雲台ビーチを観光。
女性陣がおしゃべりに夢中になっているとわかると
子供を連れて表へ待避されるという、ご配慮も抜群の内助の夫たち^^)

うん。サランハギってやはり何か特別なところです。

それもこれもすべてミョンミンさんの人徳なんだなあ。

カフェとミョンミンさんのいろいろなお話は、日本語ペラペラなヨンウンさんから
お聞きしたものです。
ありがとうございます。

それで、肝心のマノツアーの後記ですが
韓国語で書いたものを日本語に訳すという
なんか変な感じですが
他にも楽しいミョンミンさんにまつわるエピソードを交えつつ
少しずつアップしたいと思います~♪


つづく・・・のよ~どこまでも~



該当の記事は見つかりませんでした。