FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
페이스메이커:ペースメーカー

ロングインタビュー:メソッド演技、仕方ない選択

メソッド演技仕方ない選択


いだけに読みごたえあります

訳しがい、もあります・・・^^;




[インタビュー] <ペースメーカー>キム・ミョンミン
“メソッド演技、仕方のない選択”


元記事はこちら→[マックスムービー]

「演技本座」 「メソッド演技」俳優と言えば誰もがよだれが出そうな修飾語だ。 この修飾語の後に来る俳優の名前は誰でも簡単に思い出すことができる。 まさに俳優キム・ミョンミンがその主人公だ。 それだけ彼は毎作品ごとにキャラクターと自分を同一化させるために絶え間ない努力を傾ける。 そしてそのように誕生したキャラクターは観客の心を大きく動かして「やはりキム・ミョンミン」という賛辞を呼び起こす。

そのようなキム・ミョンミンが正月をむかえて映画<ペースメーカー>を通じてスクリーンに帰ってきた。 キム・ミョンミンが今回の作品で演じた役割はマラソンランナー「チュ・マノ」だ。 チュ・マノは一生を弟のために、そして自分より先頭で走って行くマラソンランナーのためにペースメーカーとして駆け抜けた人物だ。 キム・ミョンミンがマラソンランナーを演じるといううわさが広がるやいなや彼がどれくらいマラソンランナーに接近できるかに多くの人の関心が集まったりもした。

2012年が開けて一日が過ぎた2日ソウル、三清洞のあるカフェでキム・ミョンミンに会った。 彼と初めて向き合った瞬間「今回もやはりね。」という思いが自然に出た。 あかね色の皮膚に少しやせたような頬が、彼が「チュ・マノ」に変わるのに精魂を込めたことを証明した。 “多少やせたようだ。”という心配を伝えるとすぐに“ダイエットはしなかった。 太ももは馬の太ももぐらいになった。”と冗談を放った。 演技のために当然のことをしたように笑う人がまさに俳優キム・ミョンミンだ。

俳優キム・ミョンミンに映画<ペースメーカー>について、そして彼の演技観について聞いてみた。 ひたすら派手な修飾語の中に含まれている気まずくなるような真実、そして本人がそのように演技しなければならない理由に「本当にトップの演技者だな」という思いが自然と出てくる時間だった。



該当の記事は見つかりませんでした。