FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
페이스메이커:ペースメーカー

インタビュー:私も財閥2世演じたい(マイデイリー②)


いやん、なんか王子みたいにかわいいわん


あ・・・

みょんたん。いったいどれだけおしゃべりされたんでしょうね。
次から次へとき記事が出てくるんですけど。
しかもどれもバラエティに富んでいて、ですよ。

もうそろそろやめようかなあ、これを最後にしよっと思うとポコっと新しい記事が出て
ちょっと気になるから読んでみたら・・・・


これが!面白いじゃあ~りませんか!


もう勘弁してケロ~!

止まらない、やめられない・・・

みょんたんトーク地獄^^;

アリさんになった気分ですワ。



ころで!財閥2世の役やりたいですと!?


男の魅力が必ず顔だけではないのだから
声をもう少し整えて服装や行動、話し方を
ハイクラスに合うようにすれば良いのではないか



ひや~!ハイクラスなモクソリ~!
出た~!
新キーワード




キム・ミョンミン"私も財閥2世したい" (インタビュー②)

元記事はこちら

俳優キム・ミョンミンといえば国内で写実主義的役者メソッド演技をまともに見せる俳優の代名詞だ。

彼は来る19日公開を控えた映画<ペースメーカー>でも物寂しい程にひどく貧乏臭いチュ・マノキャラクターとして完ぺきに変わった。 持って生まれた身体的欠点のせいでマラソンランナーの夢をあきらめて隠れた助力者、ペースメーカーで生きなければならないチュ・マノの人生を表現するために彼は再び渾身の力を傾けた。 前作でいつもそうしたことのようにということだ。

キム・ミョンミンは4日午前ソウル、三清洞で進行されたインタビューで"チュ・マノは天が私に与えたプレゼントと同じだった。 シナリオを閉じた時涙がすごくあふれ出た。 チュ・マノと私の共通点もたくさん見えた。 、‘あ、でも本当に私がしなければならないようだ'と言った。 頭の中でそれこそチュ・マノという人が飛び回った。 その時はこの作品がどれくらい大変かは全くわからなかった。 二度読んだ時が'あまり荷が重くて’と思った。 ため息だけ出てきたが'それでもしなければならない'といいながら結局やった"とチュ・マノと出会うことになった理由を説明した。

彼はチュ・マノとの共通点に対しては"ひとりで孤独に自分自身とのすさまじいけんかをしながら完走する姿"と明らかにした。 俳優で生きてきながら孤独に戦ってきた人生とチュ・マノの孤独な人生が彼の頭の中に重なったのだ。

そのようなチュ・マノに扮するためにキム・ミョンミンは人工歯まで着用した。 ジェントルなキム・ミョンミンのイメージは跡形もなく汗をダラダラ流してひたすら走るばかりで生きてきたチュ・マノをそのように誕生させた。 チュ・マノでの完ぺきな変身に対する反証のように"ビジュアルにもう少し神経を使えばよかったです"と冗談を言ったキム・ミョンミンに"もうキム・ミョンミン型財閥2世キャラクターも見たい"と話すとそれはやはり"私もやりたいです"と言う。

"私が持っているものをベースにできるだけ色を塗ってみなければならないですね。 男の魅力が必ず顔だけではないのだから声をもう少し整えて服装や行動、話し方をハイクラスに合うようにすれば良いのではないかと思いますね。"


この人、財閥2世までもまともにメソッドしそうに見える。 期待をしないわけにはいかない。

財閥2世ではないが、キム・ミョンミンのハイクラス変身は遅かれ早かれ見ることができることのようだ。
'シークレット ガーデン'のキム・ウンスク作家の次回作'紳士の品格'主人公で議論されているためだ。

キム・ミョンミン所属会社関係者は"現在撮影中である映画'ヨンガシ'撮影が3月になってやっと終わるようだ。 もともと<紳士の品格>撮影スケジュールと重なって難しいと考えたが、ドラマ スケジュールが遅れてスケジュール上可能なようだ"として肯定的な立場をほのめかした。



2012010513262227794_133605_1.jpg

財閥2世のメソッド演技って・・・どんな・・・


該当の記事は見つかりませんでした。