FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
페이스메이커:ペースメーカー

ペースメーカーポスター撮影現場公開(字幕付)←字幕修正^^;

 
すみませ~ん!字幕修正しました^^;(12.24)


あ、ひたすら走るウリペウ~
モッチョ~
かっちょええ~

ペースメーカー 1月大公開! (韓国ですが・・^^;)

大ヒット間違いなし~


元記事はこちら→INTERPARK

キム・ミョンミンは<ペースメーカー>ポスター撮影現場で人のために30kmまで走らなければならない‘チュ・マノ’の複合的な感情を表現しなければならなかった。 30kmという限界に至って挫折する姿から、生まれて初めて自分のための完走を始め、歓喜に満ちた表情まで、ワンカットの写真の中に‘マノ’のキャラクターを表わすために多様なコンセプトの演技を消化した。
キム・ミョンミンはメソッド演技の1人者らしく撮影が始まるやいなや恐ろしい速度で没頭する集中力を発揮して現場のスタッフ全部緊張させたという後日談。 彼はティーザーポスターに含まれた‘走ってしばらく立ち止まったマラソンランナー’を表現するために実際にロンドンの通りを走り回ってリアルさを最大化させた。
ただワンカットのために渾身の力を出して‘本当のマラソンランナー’を表現しやり遂げたキム・ミョンミンの真正性ある演技闘魂は撮影現場の雰囲気を熱い雰囲気にした。

少し肌寒いロンドンの天気にもかかわらず薄いユニホームだけを着て撮影を進めなければならなかったキム・ミョンミンは、不平不満はさておき“気持ちいい"と、気さくに笑ってみせた。 演技の実力だけでなくスタッフを配慮する人間性まで真の‘名品俳優’であることを立証したわけだ。 大韓民国を代表するスター俳優にもかかわらずかっこつけず率直な姿で撮影に臨む彼の姿に撮影現場の雰囲気は‘ほのぼの’そのものだったらしい。



該当の記事は見つかりませんでした。