FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
연가시:ヨンガシ

オモオモ・・・^^;

ヨンガシ撮影中2
弟の婚約者(イ・ハヌィ)と何やらお話中のジェヒョク・・・

らまあ、大きな勘違いを・・・

「映画の撮影だったの? 墜落事故と間違え大騒ぎ」

【水原=ニューシス】イ・ジョンハ記者
映画の中の事故場面撮影現場を見て本当に事故だと誤認したある市民が市庁ホームページなどに文を載せて京畿 水原市(スウォンシ)と警察が一時、大騒ぎとなった。

8日午後6時50分頃ペク某さんが水原市庁ホームページ掲示板に世界文化遺産水原華城(ファソン)内の華弘門 訪花隨柳亭で市民が墜落死したという内容のコメントを載せた。
ペクさんは"警察数十人と記者たち、事故現場を撮影する人々でごった返していた"とし、"朝事故がおきたが、また戻ってみると事故現場にポリスラインや警告表示一つなくて驚いた"と伝えた。
続いて"事故現場は学校4ヶ所が密集して学生たちの往来も多くて、訪花随柳亭の高さも10m近くなるが水深は浅くて落ちた場合、死亡しやすい"として対策準備を要求した。

ペクさんのコメントを見た水原市は一瞬にして大騒ぎとなった。 とんでもない墜落死の内容に市は事態を把握するのに必死だった。
警察も変死や墜落など人命事故関連通報はないとしながらもとまどいを隠すことができなかった。
水原中部警察署のある関係者は"事実関係を確認する記者たちの問い合わせがひっきりなしだった"として慌てていた。

しかしこれはペクさんが映画撮影現場を本当に事故だと誤認したところから始まったと発表された。
水原、八達区によれば映画'ヨンガシ'を企画した(株)オゾンフィルムは河川使用許可を受けて8日午前8時から午後1時まで映画を撮影した。

よりにもよってこの日撮影した場面は、水に落ちてふわふわ浮かんでいる登場人物を水の外から救助するというもので、ペクさんはこの場面を実際の状況だと誤解したこと。
八達区(パルダルグ)建設課イ・ジュンハ課長は"現場には映画撮影機材が多かったが、ペクさんがTV局が事件現場を撮影していると勘違いして広がった騒動"としながら"今回のことを契機に訪花随柳亭一帯の安全事故対策をさらに強化していく"と話した。

一方、映画ヨンガシ(監督パク・ジョンウ)は人の脳を操る変種寄生虫'ヨンガシ'の出現で死亡者が幾何級数的に増えるパニック事態が発生した中、感染した家族らを救うために息の詰まる死闘を繰り広げる一人の男の話を扱った作品で、俳優キム・ミョンミン、ムン・ジョンヒ、イ・ハヌィなどが主人公で出演する。


元記事はこちら


世界文化遺産水原華城(ファソン)内の華弘門 訪花隨柳亭
スウォン
わ~!キレイなところですね。
水原はまだ行ったことがないので一度行ってみたいわ^^

それにしても撮影スタッフ、後から聞いて冷や汗だったでしょうね・・・


製薬会社のジェヒョクさんですが
街中を走ったり、薬局から出てくるところを目撃されているようです^^

20111124_KMM2.jpg
↑こちら3枚はみょんたん撮影初日のお姿




該当の記事は見つかりませんでした。