FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
韓国をたどる旅

アイゴ~マシッスラ~な旅 その5

インサ洞
上段2枚は「茶イヤギ」という食堂。竹筒にご飯が入って出てくるお店です。
下段左:休日でごったがえす仁寺洞通り 右:通りの裏にあるこじゃれたレストランで休憩



17日PM2時
ソウルへ戻って江南 サムソン駅から徒歩10分のイビスホテルにチェックインした後
少し休憩してTAXIでアートシネマのある仁寺洞へ向かいます。
何せ寝不足だし、休日で混んだ地下鉄に乗る元気もなく・・・
ヘ~イタクシ~となりました^^;

休日の仁寺洞は外国人観光客も多くて原宿の竹下通り状態
お土産買いつつ、遅いお昼を食べつつ、今回の旅の目的である
「鳥肌」劇場鑑賞に向けて気持ちはドキドキしてきます

ートシネマの場所がいまいちわかりにくかったので
先に場所を確認しがてら予約したチケットを受け取りに行ったのですが。
仁寺洞に行かれた方ならご存知かもしれませんが
仁寺洞の入口にあるタプコル公園という少し広い公園のそばに
トンネルがあるんですが、このアートシネマのあるビルは
そのトンネルの上に立っていました
で、中へ入るとまたびっくり。
ほとんど楽器屋さんです
楽器専門商店街なんですね、ビル全部。(たぶん^^;)・・・「楽園商店街」というらしい。
音楽関係者はみんなここに集まるのかなあと思いました

で、アートシネマはそのビルの4階にあります。
インサ洞シネマテック
左がチケット売り場。右が中へ入ったところ。
劇場がふたつあって左側が「シルバー映画館」右側が「ソウルアートシネマ」
高齢者専門の映画館があるってすごいなあ。
私が行ったとき、かわいいハラボジとハルモニのカップルが手をつないで
映画館に入っていきました~
いいなあ、そういう夫婦・・・二人合わせて何歳かなあ・・・

待合室みたいなブースもあるんですけどなじぇか昭和の香りがしました

アートシネマではちょうど小津安二郎作品の回顧展をやっていました。

それと私が映画上映の時間を待っている間に上の階段から若いダンサーたちが大勢
降りてきて、なんだろうって思っていたんですが
映画館の上ではダンスミュージカルを公演してたんですね。
Sachoom(사춤)という韓国のメガヒットミュージカルだそうです。知らなかった~

映画上映前にカフェのミラさんと会いましょうと約束していたのですが
時間になっても現れないのでしかたなく中へ。
真ん中のとてもいい席でした

「鳥肌」の話はまた長くなりますので別に記事をアップします。

ミラさんとは映画上映が終わって監督との対話が始まる前にお会いできました。
上映が終わって一番前の席に走っていく女性二人。
「ん?」と思っていたら
おもむろに黄色い見覚えのあるタオルを後ろに向かって振ってます~
「あ!」
と思って私も黄色いタオル振ります。(幸せの黄色いハンカチじゃないけどね・・
でおいでおいでをしているので私も小走りで最前列へ
挨拶もそこそこに交わしていると、そこへ監督が地味~に登場します・・・

鳥肌 ユン監督


(つづく)


該当の記事は見つかりませんでした。